• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談113 協議離婚(12)

妻からのモラハラ…このまま離婚したい。

結婚当初から、妻からのモラハラが酷く、体調を崩してしまい、退職を余儀なくされました。妻と一緒に生活することが耐えられず、現在は別居中です。…このまま離婚したいです。


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:40代
    • 婚姻期間:5年以上
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      唐木 大輔 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、妻Bからのモラハラに心を痛めていました。毎日のように続く執拗な暴言の数々に心身ともに限界となり、ついにAさんは体調を崩し、退職を余儀なくされました。

    これ以上、妻Bと一緒に生活をしていくことは精神的に耐えられないと考えたAさんは、妻Bとの別居を始めました。

    その後、Aさんは妻Bとの離婚を考えるようになりましたが、自分ひとりでは心細く感じたため、ご相談にいらっしゃいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    別居して10か月ほど過ぎた頃、Aさんは妻Bとの離婚を考えるようになりました。

    Aさんは、自宅の土地と建物を妻Bと共有名義で購入していました。Aさんは、離婚しても自分が出て行くつもりはなかったため、なるべく優位に財産分与を進めたいと考えていました。

    弁護士は、妻Bに対し離婚の意思があるかどうか確認したところ、妻Bは『条件次第では離婚もやむを得ない』と返答しました。

    そこで、弁護士は財産分与を有利に進めるために、Aさんの自宅の査定を行い、財産分与の試算を行いました。

    [結果]

    交渉の結果、財産分与については、Aさんが自宅を取得する代償金としてBに約2000万円を支払うことで合意となりました。
     さらに、弁護士は合意内容を公正証書にまとめ、離婚後のトラブルを予防することにしました。

    離婚や離婚による財産分与を優位に進めたいAさんの希望どおりに離婚が成立し、Aさんは新しい人生のスタートを切ることができました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP