• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談69 協議離婚(8)

浮気した夫には嫌悪感しかありません…このまま顔を合わせず離婚したい。

夫が仕事で知り合った女性と浮気をしていました。夫にはもはや嫌悪感しかありません。夫との離婚、浮気相手への慰謝料を請求したい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 婚姻期間:1年以上
    • 子ども:なし
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      嶋田 葉月 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、夫が仕事で知り合った女性と浮気をしていることを知りました。

    夫の浮気を知ってから、Aさんは夫に対して嫌悪感を抱くようになり、これ以上は夫婦生活を円満に営むことができないと考え、夫と別居するようになりました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、夫との離婚と浮気相手Bへの慰謝料請求を考え、ご相談にいらっしゃいました。

    Aさんは夫への嫌悪感から、もはや夫の顔を見るのも苦痛だったため、弁護士がAさんの代理人として交渉を行いました。

    弁護士は、まず夫の浮気相手Bとの交渉を行い、浮気相手BがAさんに謝罪文を提出することと、慰謝料として100万円を支払うことで示談が成立しました。

    そして、夫にはAさんが話し合いでの解決(協議離婚)を望んでいること、慰謝料として300万円を請求する意思があることを通知しました。

    [結果]

    交渉の結果、夫は自分が犯した不貞行為(浮気・不倫)の非を認め、Aさんと離婚すること、不貞行為(浮気・不倫)に対する慰謝料を支払うことで合意となりました。

    さらに弁護士は、合意の内容を公正証書にすることで、合意が破られることがないように、仮に破った場合は強制執行ができるようにしました。

    このように、弁護士が代理人として交渉を行うこともできるため、依頼者は相手方と顔を合わせることなく交渉をすすめることができます。離婚問題でお悩みの方は、ぜひ弁護士にご相談ください。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP