• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談70 協議離婚(9)

離婚協議、話し合いは互いに譲らず平行線…。

突然、妻の代理人から離婚について話し合いたいと連絡がありました。家事や子育てにも協力してきたつもりですし、自分に離婚原因があるとは…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:40代
    • 子ども:あり
    • 職業:フリーランス
    • 担当弁護士:
      安部 直子 弁護士
  • [背景]

    Aさんはフリーランスで仕事をしていたこともあり、子育てにも積極的に協力していました。また、家族と将来のことを考え、収入を安定させるために収益物件を購入しました。

    ところが、ある日突然、妻の代理人から離婚について話し合いをもうけたいとの連絡を受けました。
     妻の主張は、『フリーランスで仕事をするAさんが、家計に負担をかけている』というものでした。

    Aさんは、離婚原因はないと認識しており、家族とも変わらず同居していることから、離婚する意思はまったくありませんでした。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、相手方である妻には代理人がついており、自分ひとりでは今後の対応を含めてどうしたらよいのか分からなかったため、ご相談にいらっしゃいました。

    弁護士は、相手方の代理人に対して、Aさんに離婚するつもりはないこと及びこれまで家庭生活を経済的困窮に陥らせたことはないことを主張しました。

    しかし、妻の離婚の意思は固く、話し合いは平行線のままとなっていました。

    弁護士は、離婚協議を長期化させることは、お互いにとってメリットにならないと考え、Aさんの意思をあらためて確認した上で、相手方に『条件次第ではAさんにも離婚の意思がある』と伝えました。

    妻は、離婚条件におおむね合意しましたが、借金と財産は平等に清算してほしいと主張したため、弁護士はAさん所有の自宅と収益物件の評価額を算出したうえで、離婚協議案を作成しました。

    [結果]

    協議の結果、自宅を妻に譲渡し、収益物件はAさんが取得した上で、代償金を妻に支払うことで合意となり、離婚が成立しました。

    このように、お互いの主張が真っ向からぶつかり合い、話し合いがすすまないときこそ、弁護士に依頼することで建設的な話し合いが可能となる場合があります。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP