携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
初回60分まで無料法律相談実施中!

    • LINEでお悩み診断
    • メールでのご予約
  • tel:0120-272-585

ご来所頂ける方に限らせて頂いております。
ご了承ください。

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談33 面会交流(1)

生まれた子どもに会わせない妻と離婚。子どもとの面会交流も。

私と妻は、妻が妊娠中から家庭内別居状態でした。その後、妻は無事出産するも、出産の連絡もせずに、そのまま家を出て行ってしまい、子供への面会を一切許してくれません。妻は、以前から暴言や暴力をふるうこともあったので…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:--
    • 婚姻期間:1年以上
    • 子供:あり
    • 職業:--
  • [背景]

    Aさんの妻は、結婚して1年ほどで部屋にこもるなどし始め、家庭内別居状態となってしまいました。
     家庭内別居状態となった後、妻は出産しましたが、Aさんは出産したという連絡ももらえず、出産後に子どもに会わせてもらうこともできませんでした。

    その後、妻は子どもを連れて、家を出て行ってしまいました。

    妻から婚姻費用の支払いを請求されたことをきっかけに、Aさんは妻との離婚を望むようになりました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、離婚ができるのかどうか、離婚の条件についてどのようにすればよいか、ご相談にいらっしゃいました。

    Aさんは、子どもの親権者を妻とすることには同意していました。
     しかし、妻は、子どもが生まれた当初から子どもをAさんに一切接触させようとしなかったため、Aさんは父親として子どもに接する機会をほとんど持てない状況にあり、それが不満でした。

    また、妻はAさんに暴言を浴びせ、暴力を振るうことがあったため、離婚後、自分への暴言や暴力が子どもに向いて、子どもの虐待につながるのではないかと心配していました。

    弁護士は、相手方との交渉を通じて、Aさんが離婚後も子どもの様子を知る機会を得られるように交渉を進めました。

    [結果]

    当初、妻は離婚に同意せず、夫であるAさんとの話し合いも、子どもをAさんに会わせることも頑なに拒んでいましたが、弁護士が粘り強く交渉を続けた結果、離婚についての合意をとりつけ、子どもとの月1回の面会交流の同意を得ることができました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

ご来所頂ける方に限らせて頂いております。
ご了承ください。

TOP