Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談37 親子関係不存在確認(1)

名誉を傷つけず、経済的不利益を被ることなく迅速に。

妻の前夫との間にできた子を養子にすることにしたのですが、ある日、妻の前夫の親族が「前夫の子ではない」として訴えを提起してきました。できるだけ迅速に円満に解決したい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 婚姻期間:5年以上
    • 子ども:あり(養子縁組)
  • [背景]

    Aさんは、妻Bの連れ子であるCちゃんを養子にすることにしました。

    その後、妻Bの前夫Dが亡くなると、Dの親族がBに、婚姻関係無効の訴えを提起しました。
     裁判所は、もともと夫婦としての同居その他生活実態がなかったとして、訴えを認めました。

    さらに、Dの親族は、CちゃんがDとBとの間に生まれた子どもではないことの確認を求め、養親であるAさんに対して、親子関係不存在確認の訴えを提起しました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、できるだけ円満に解決したいと、ご相談にいらっしゃいました。

    まず、弁護士は事実関係を整理するために、妻Bに話を聞くことにしました。すると、CちゃんがDとの子ではなく、当時交際していた別の男性との間に生まれた子であることを認めました。

    そこで、弁護士はDとCちゃんとの間に親子関係がないことについては争わないこととしました。

    反対に、相手方が主張するBにとって不利益な事実については、BとCちゃんの名誉を守るべく反論することにしました。さらに、相手方が申し立てたDNA鑑定については、多額の鑑定費用がAさんにかかってしまうため、DNA鑑定については、消極的な態度を示すことにしました。

    [結果]

    DNA鑑定はなされずに裁判は結審され、裁判所は、相手方の主張通り、DとCちゃんとの間には親子関係がないことを確認する判決を下しました。

    弁護士が適切な対応をとることで、名誉を傷つけず、また経済的不利益を被ることなく、円滑かつ迅速に訴訟を進めることができ、無事解決となりました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

ご来所頂ける方に限らせて頂いております。
ご了承ください。

TOP