• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談106 慰謝料請求(36)

謝罪の気持ちや誠意も感じない夫の浮気相手に慰謝料請求。

夫が浮気をしていました。3年も裏切られていました。子どものためにも、夫と離婚する気はありません。ただ、浮気相手には責任をとって、慰謝料を払ってもらいたい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 婚姻歴:8年
    • 子ども:あり
    • 担当弁護士:
      木村 光伸 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、夫Bが浮気をしていることに気づき、問い詰めたところ、三年前から女性Cと不貞関係(不倫・浮気)にあったことを白状しました。

    Aさんは、浮気相手Cに直接連絡をとり、「会って話したい」と伝えました。しかし、Cは否定する書面を郵便で送ってきただけでした。

    [相談内容と弁護士対応]

    謝罪の気持ちや誠意も全く感じることができなかったAさんは、Cに対して慰謝料を請求したいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

    そこで弁護士は、夫BとCの不貞関係(不倫・浮気)は、三年間に渡って続いており悪質であるとし、Cに対して損害賠償請求を行いました。

    しかしCは、夫Bが主導で不貞関係(不倫・浮気)が継続されたと主張し、お互い一歩も引かない状況が続きました。

    [結果]

    交渉の結果、Cは、Aさんに慰謝料150万円を支払うこと、今後一切接触しないことを条件に、和解が成立しました。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP