• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談126 慰謝料請求(45)

夫の浮気と暴力で別居、希望の条件で離婚したい。

夫とは別居して3年になります。結婚当初から繰り返された夫の浮気と暴力が原因で、夫婦関係はすでに破たんしており、お互い離婚へ向けて話合いはしていますが、離婚条件で折りあわず…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:40代
    • 婚姻期間:20年以上
    • 子ども:あり
  • [背景]

    Aさん一家は、夫の仕事の都合により海外で生活していました。しかし、夫は、結婚当初から別の女性との不貞行為(不倫・浮気)を繰り返し、時にはAさんに暴力をふるうなど、実質的に夫婦関係は破たんしていました。

    Aさんは子供たちを連れて帰国し、そのまま夫とは別居することになりました。その後、Aさんと夫は、離婚について話し合いを始めましたが、なかなか双方が納得するような条件で合意できず、そのまま月日が経ってしまいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、だらだらと続く婚姻関係を断ち切りたいと決意を固め、ご相談にいらっしゃいました。

    Aさんと夫との間には、子供が二人いましたが、一人はすでに成人しているため、Aさんは未成年であるもう一人の子供の親権を希望していました。また、子供たちの教育費は、収入のある夫に支払ってもらいたいと考えていました。

    さらに、夫の不貞行為(不倫・浮気)や暴力行為についての慰謝料も請求したいと希望していました。

    弁護士は、夫の財産調査を行い、Aさんの希望に沿う提案をしました。また、離婚に伴う条件を確保するために、公正証書を作成しました。

    [結果]

    交渉の結果、Aさんが未成年の子供の親権は持つこと、夫が子供たちの教育費を負担すること、また慰謝料として400万円を支払うことでなど、Aさんが希望した条件での離婚が成立しました。

    離婚に伴い公正証書を作成することには、将来相手が離婚条項に定められた債務の支払いを怠った時に、公正証書をもとに債権の回収を有利に進めることができるという大きなメリットがあります。

    支払いが長期にわたる項目を離婚で定める際、相手にきちんと払ってもらえるか不安な方には、ぜひ公正証書を作成することをお勧めします。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP