• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談130 慰謝料請求(47)

不倫相手の妻から高額な慰謝料請求…とても払えません。

不倫相手の奥さんから500万円の慰謝料を請求する通知が届きました。私自身、夫と離婚条件でもめており別居状態なため、生活に余裕がなく高額な慰謝料を支払うことができません…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:40代
    • 職業:専業主婦
  • [背景]

    Aさんは、夫の浮気と暴力に悩まされていました。
     離婚を考えていたとき、いろいろと相談に乗ってくれた男性Bと不貞関係(不倫・浮気)を持つようになりました。

    二人の関係に気づいたBの妻Cから、Aさんは慰謝料500万円を請求されてしまいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    心理的に追い詰められたAさんは、夫との離婚問題や、Bとの不倫によるトラブルについてご相談にいらっしゃいました。

    Aさんは、夫と別居状態にありました。また、Bが既婚者であることは知っていましたが、Bから妻Cとの結婚生活は上手くいっていないと聞いていました。
     そして、自身の生活で精一杯のAさんには、妻Cから請求された慰謝料を支払うことは困難でした。

    弁護士は、慰謝料の減額についての交渉を行いました。

    [結果]

    交渉の結果、AさんはBと今後一切接触を断ち、これに違反した場合に新たな賠償金を支払うという条項を設ける代わりに、慰謝料を当初の請求額500万円から、480万円減額した20万円とすることで、妻Cと合意することができました。

    Aさん自身は、夫との離婚が成立し、すべて清算したうえで新たなスタートを切ることになりました。

    不貞行為(不倫・浮気)の当事者が、請求された慰謝料の減額を求めることは、簡単ではありません。
    弁護士が代理人として第三者の立場から、慰謝料の適正額まで減額を主張することで、依頼者の希望に沿った条件に導くことができるのです。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP