• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談23 スピード解決(2)

離婚の不安、わずか2ヶ月でスピード解決。

浮気をしていた夫から離婚を切り出されました。離婚したら、今住んでいる夫名義の家を出ることになり、子供たちも転校しなければなりません…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 婚姻期間:10年以上
    • 子供:あり
    • 職業:自営業
  • [背景]

    Aさんは、単身赴任中の夫Bが浮気をしていることを知りました。
     Aさんは子どものことを考え、夫Bとは離婚せず、浮気相手Cに対し、夫との関係を清算させたうえで慰謝料請求することを希望しましたが、夫Bは離婚したいの一点張りでした。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、離婚に向けて、慰謝料や財産分与、養育費について、しっかりと取り決めたいと思い、ご相談にいらっしゃいました。

    Aさんの心配事は、離婚すると、現在住んでいる夫B名義の家を出ることになり、子どもたちも転校しなければならないことでした。

    弁護士は、夫が単身赴任しているケースでは、財産分与として、奥様とお子様が現在暮らしている家に無償で居住することができるという内容の契約(使用貸借契約)を夫との間で結ぶという方法があることをアドバイスしました。

    夫Bは、自ら不貞行為をしたにもかかわらず、一方的に離婚を求めてきていた経緯から、弁護士は強気で交渉に臨みました。また、Aさんは精神的に疲弊しきっていたことから、早期の解決が望ましいと判断し、迅速に対応しました。

    [結果]

    交渉の結果、Aさんと夫Bは離婚すること、親権者をAさんとすること、BはAさんに対し、慰謝料として約500万円、財産分与として約600万円、子どもたちが成人するまでの養育費として月額約24万円を支払うという内容での合意となりました。

    また、Aさんが心配していた居住についても、現在暮らしている家に無償で居住することができる内容の契約(使用貸借契約)を結ぶことができました。

    そして、これらの内容を公正証書に定め、Bが仮に支払いを怠った場合には、すぐに強制執行がなされるようにしました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP