携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
初回60分まで無料法律相談実施中!

    • LINEでお悩み診断
    • メールでのご予約
  • tel:0120-272-585

ご来所頂ける方に限らせて頂いております。
ご了承ください。

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談78 有責配偶者(4)

離婚調停中に、夫が私の浮気が原因だと慰謝料を請求。

別居状態の夫に離婚調停を申し立てました。すると、離婚調停中に、今度は夫が、原因は私の浮気にあると主張して慰謝料を請求し…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 婚姻期間:--年
    • 子ども:あり
    • 職業:会社員
  • [背景]

    Aさんは、結婚当初から夫Bとの性格の不一致で悩んでいました。また、夫Bは子育てにもあまり協力的ではなかったため、Aさんは夫婦生活を続けていくことに限界を感じるようになりました。

    ある日、些細なことがきっかけで夫Bが激怒し、Aさんは家を追い出されてしまい、そのまま別居状態となりました。

    Aさんは、夫Bとの離婚を考え、家庭裁判所に離婚調停を申し立てましたが、夫BはAさんの浮気が原因だと主張するばかりで、話し合いは進展しませんでした。

    すると、今度は夫Bから、Aさんの不貞行為が原因で精神的苦痛を受けたとして慰謝料を請求する訴えが起こされました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、離婚と夫Bからの慰謝料請求について、ご相談にいらっしゃいました。

    弁護士は、Aさんが交際を始めたときには、既に婚姻関係が破綻し回復の見込みがなく、かつ夫Bに離婚を申し出た後の出来事のため、何ら責められるべきものではないと主張しました。

    [結果]

    調停の結果、AさんとBの離婚が成立しました。また、請求されていた慰謝料については、Aさんの生活に支障のない範囲まで減額され、また分割で支払うことで和解が成立しました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

ご来所頂ける方に限らせて頂いております。
ご了承ください。

TOP