Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談143 養育費(8)

子どもの将来のために、養育費と財産分与はしっかりと。

結婚当初から、夫はいろんな理由をつけて離婚を持ちかけてきます。もう離婚するしかないと思っています。ただ、1歳になったばかりの子どもを抱えての離婚はとても不安です…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 婚姻期間:3年以上
    • 子ども:1人
  • [背景]

    Aさんの夫Bは、結婚当初からいろんな理由をつけては、離婚話を持ち出してきます。第1子出産間近の時期に離婚を求められたこともありました。

    Aさんは、1歳になったばかりの子どもを連れて、夫と別居を始めました。離婚には応じることは決めていましたが、子どものことを思うと、将来の養育費などの点で不安がありました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、自分の意見をきちんと伝えつつ、離婚を穏便に進めることができないかご相談にいらっしゃいました。

    Aさんは、1歳になったばかりの子どもの将来のためにも、養育費と財産分与の交渉を有利に進めたいと思っています。しかし、夫Bの性格を考えると、Aさんの要望にすんなり応じてくれそうもありません。

    弁護士は、夫Bに離婚協議書の内容を送付し、先にAさんの要望を伝えて交渉することとし、Aさんの意向を酌んだ条件をまとめました。

    交渉の際、夫Bが難色を示したのは養育費についての条項でした。
     養育費は、家庭裁判所が出している算定表を参考に決められることが多いですが、双方が納得すればその額を自由に決定することができます。

    Aさんは、子どもが習い事や進学先を決めるとき、本人の希望をできる限り叶えられるように、不自由な思いをしないようにという思いがあり、算定表よりも多少増額した金額を請求しました。

    弁護士は、Aさんの思いを夫Bに伝え、養育費の算定表についても子どもが15歳になると算定額が上がることなどを提示し、現時点での養育費の算定表を上回るからと言って金額の妥当性が欠けるわけではないと説得しました。

    [結果]

    交渉の結果、Bは養育費についても納得し、これらの内容で公正証書を作成し、双方納得した上で、離婚することができました。

    離婚の際に、養育費などの合意内容を公正証書として残すメリットとしては、その確実性にあります。
     後日、内容に争いが生じたとしても、両者の合意がない限りその変更には調停の申し立てが必要となり、原則として公正証書に書かれた通りの金額の請求ができるのです。

    離婚にともなう金銭の支払いを約束することは多々あるかと思いますが、その際には公正証書の形で合意をすることをおすすめします。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

ご来所頂ける方に限らせて頂いております。
ご了承ください。

TOP