• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談51 財産分与(5)

どちらも譲らない!財産分与の話し合い

妻と離婚を考えています。離婚についてはお互い同意していますが、財産分与についてはどちらも譲らず、いつまでたっても話し合いがまとまりません…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:50代
    • 子ども:あり
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      江藤 朝樹 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、妻との性格の不一致に悩み、妻に離婚を申し出ました。

    離婚については妻も納得をしましたが、子供の学費の問題や持ち家の処分、婚姻費用の支払いや、車の名義変更などの財産関係の問題を抱えていたことに加え、お互いが譲歩をする態度を見せなかったため、財産分与についての交渉は難航し、5ヶ月経っても話し合いはまとまりませんでした。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、いつまでたっても話し合いがまとまらないことから、弁護士に交渉を任せたいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

    弁護士は話し合いによる解決が望ましいと考え、妻の代理人に協議の要請をしました。
     そして、Aさんと妻の話し合いで特に揉めていた、妻の寄与度(一方が支出した、夫婦共有財産形成に役立った部分)を一定程度評価し、反対にAさんの寄与度についての妻の主張を一部の限度で認めるという譲歩を行いました。

    [結果]

    協議の結果、5ヶ月間も難航していた財産分与に関する交渉が約1ヶ月でまとまり、Aさんは交渉の結果を公正証書として作成し、無事に離婚することができました。

    財産分与に関する話し合いでは、相手に対する不満などの心情が入ってしまい、譲歩しにくいことが多く、そのため話し合いが難航してしまうことがあります。

    しかし、弁護士が交渉につくことで、「譲歩すべきところ、譲歩すべきでないところ」を明確にすることができ、早期解決に向けた話し合いが期待できます。



「財産分与」の解決事例一覧

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP