法律事務所オーセンスの離婚コラム

不倫が原因で離婚を考えているなら ― 弁護士に依頼すべき理由と弁護士の選び方

不倫が原因で離婚を考えているなら ― 弁護士に依頼すべき理由と弁護士の選び方

不倫を理由に離婚を考えているなら、弁護士に相談しましょう。一人で対応するよりも良い解決方法が見つかりますし、有利な条件で離婚できる可能性も高くなります。

ただ弁護士なら誰でも良いわけではありません。離婚事件を依頼すべき弁護士の選び方を押さえておきましょう。

今回は不倫で離婚する時に弁護士に依頼すべき理由と弁護士の選び方をご説明します。

このコラムの監修者

平沼夏樹 弁護士(第二東京弁護士会所属)

弁護士法人法律事務所オーセンス

弁護士平沼 夏樹(第二東京弁護士会所属)

京都大学総合人間学部卒業、立教大学大学院法務研究科修了。一般民事(主に離婚事件)に関する解決実績を数多く有する。また、企業法務についても幅広い業務実績を持つ。

1.不倫による離婚を弁護士に依頼すべき理由

配偶者の不倫を理由に離婚するなら、弁護士に依頼しましょう。以下のようなメリットがあるからです。

1-1.適切なアドバイスを受けられる

離婚するときには、さまざまな問題が発生するものです。特に相手の不倫を理由に離婚する場合、慰謝料を払ってもらう必要がありますし、不倫相手との関係でもトラブルが拡大しやすい傾向があります。財産分与や親権などの問題も発生するでしょう。

弁護士に相談すると、状況に応じて適切なアドバイスを受けられます。なるべく高額な慰謝料を獲得する方法、財産分与の計算方法、養育費を確実に払わせる方法など、重要なポイントを押さえられるので離婚後の心配が小さくなります。

1-2.証拠集めの方法がわかる

有利な条件で離婚するには不倫の証拠が必要です。ところが手元に証拠が揃っていないケースも多いですし、どのように証拠を集めたら良いかわからない方も多いでしょう。
弁護士に相談すると、的確な証拠の集め方を押さえられます。事前に証拠を固めておけば、高額な慰謝料も支払わせやすくなるでしょう。

1-3.交渉や調停を依頼できる

相手に不倫されて離婚を進める場合、協議離婚が難しくなるケースも少なくありません。相手が不倫を否定したり「慰謝料を払わない」「お金がないから支払えない」と言ったりするケースも多々あります。財産分与や親権の点で折り合わないかもしれません。
そのようなとき、弁護士に交渉を依頼すれば相手も態度を変えて慰謝料の支払いなどに応じやすくなるものです。
弁護士が交渉しても協議が整わない場合、調停や訴訟に進めることも可能です。

1-4.有利な解決ができる

離婚するなら、離婚後に後悔のないように進めるべきです。そのためには事前に離婚条件をしっかり検討し、相手と粘り強く話し合って希望する条件を実現する必要があります。
自分だけで対応すると「どのような条件が最善か」も判断しにくいですし、相手から言いくるめられて不利な内容の離婚条件に妥協してしまうおそれもあります。
弁護士に依頼すると、法律家の客観的な目線から「依頼者にとってもっとも有利になる方法」を検討して実現に向けて進めるので、結果的に満足できる結果につながりやすいものです。

1-5.精神的に楽になる

離婚は当事者にとって大きなストレス原因になります。特に相手が不倫していると、離婚交渉中の配偶者や不倫相手の言動によって大きく傷つき「うつ状態」のようになってしまう方が少なくありません。

弁護士に依頼すれば、すべてを任せられるので依頼者本人が相手と接触する必要はありません。また「弁護士が味方になってくれている」という安心感もあり、ストレスが大きく軽減されます。自分で対応するのに限界を感じているなら、是非とも弁護士へご依頼下さい。

1-6.不倫相手への慰謝料請求も同時解決できる

配偶者に不倫されたら不倫相手にも慰謝料請求が可能です。ただ配偶者との離婚協議と不倫相手への慰謝料請求を同時並行で進めると、ご本人が対応しなければならない事項が増えて多大な負担となるでしょう。また「1対2」の構図ができあがってしまい、孤独感や心細さを感じて「これで正しいのだろうか?」と疑問を持ってしまう方もたくさんおられます。

弁護士に離婚と慰謝料請求をまとめて依頼するとこうした負担がなくなりますし、配偶者との離婚と不倫相手への慰謝料トラブルを同時解決できます。離婚時にしっかり慰謝料も払ってもらい、すっきりとした気持ちで離婚後の新たな人生をスタートできるでしょう。

2.不倫の離婚トラブルにおける弁護士の選び方

相手の不倫を理由に離婚するなら、以下のような観点で弁護士を選びましょう。

2-1.男女問題の解決実績が豊富

弁護士にはさまざまな取り扱い分野があり、すべての弁護士が離婚問題に積極的に対応しているわけではありません。
離婚はまったく取り扱わない、あるいは離婚案件は得意ではないといった弁護士が少なからず存在します。離婚や男女問題に消極的な弁護士に依頼しても良い結果は期待できません。

配偶者に不倫されて離婚するなら、離婚問題や男女問題の解決実績が豊富な法律事務所を選んで相談しましょう。たとえば以下のような点をチェックしてみて下さい。

・ホームページの情報をチェックする

ホームページ上に離婚や男女問題についての相談・解決実績を載せている事務所があります。
また直接数字を掲載していなくても、離婚案件の解決例などを載せている事務所は、それなりに実績があるケースが多数です。

・本の執筆歴を確認する

離婚や子ども、財産分与や男女問題などに関する本の執筆歴のある弁護士は、離婚案件に力を入れている可能性が高いといえます。

・弁護士に直接尋ねる

弁護士に離婚相談をしたとき、離婚や不倫トラブルの取扱いが多いのか、実績がどのくらいあるのかなど弁護士に直接尋ねてみてもかまいません。

2-2.親身になって対応してくれる

パートナーに不倫された方は、精神的に大きく傷ついているものです。依頼するなら親身になってくれる弁護士を選びましょう。離婚問題を普段あまり取り扱っていない弁護士に依頼すると、ドライな対応をされて依頼者が傷ついたり不信感を抱いたりするケースが少なくありません。

あなたの悩みにきちんと耳を傾けてくれて疑問をきっちり解消してくれる弁護士が「良い弁護士」といえます。当初に法律相談を受けたとき、コミュニケーションが円滑で安心感を得られる人を選ぶと良いでしょう。

2-3.的確なアドバイスをもらえる

相談したときに、明確で納得できる答えをくれる弁護士は良い弁護士である可能性が高いといえます。
たとえば離婚を進める中で「証拠を集めたいけれど、どうすれば良いのか?」「慰謝料はいくらくらいが妥当なのか?」「財産分与はどのくらいもらえる可能性があるのか?」など、いろいろな疑問がわいてくるものです。
普段から離婚案件を数多く取り扱っている弁護士なら、こうした依頼者の疑問に的確に答えられます。

2-4.デメリットやリスクも伝えてくれる

メリットだけではなくデメリットやリスクもきちんと伝えてくれる弁護士は、依頼者のことを真剣に考えているものです。たとえば依頼者が「最低でも〇〇円の慰謝料がほしい」「相手が折れないなら裁判する」と言ったとき、慰謝料の金額に固執してトラブルが拡大するリスクや訴訟で不利になる可能性も指摘し、冷静な判断を促してくれる弁護士を選びましょう。

当事務所では、不倫や男女トラブル、離婚案件に熱心に取り組んでおります。配偶者の不倫に悩んで離婚を考えているなら、一人で悩まずご相談下さい。

無料相談のご予約はこちら

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

電話での無料相談のご予約

TOP