携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
初回60分まで無料法律相談実施中!

ご来所頂ける方に限らせて頂いております。
ご了承ください。

Lifestyleライフスタイルで考える離婚

プロスポーツ選手の離婚

プロスポーツ選手の離婚は、ネガティブな情報の取り扱いに注意しながら、セカンドキャリアを考慮した条件で離婚成立を目指す。

プロスポーツ選手の離婚は、高額な年収(年俸+広告契約による収入など)の場合、資産も多く、慰謝料や財産分与、養育費などが高額になる傾向にあります。

しかし、ほとんどの選手は毎年の契約更改で年俸が変動し、結果を残せなければ、いつでも戦力外通告を受ける可能性があります。

競技によって差はあるものの、アスリートの現役(デュアルキャリア)期間は平均約17年。ほとんどの選手が30代、40代で現役を引退し、セカンドキャリアを歩んでいます。

そのため、プロスポーツ選手の離婚は、ネガティブな情報の取り扱いに注意しながら、できるだけ早い段階で弁護士に相談し、セカンドキャリアを考慮した条件で離婚成立を目指すことをおすすめします。

JSC(日本スポーツ振興センター)調査

-- マスコミ

プロスポーツ選手は、自身のパフォーマンスによって「勝利にどれだけ貢献できるか(プレイヤーズバリュー)」、「売り上げにどれだけ貢献できるか(マーケティングバリュー)」を求められる職業です。

最近では、マスコミよりも先に、相手方によるSNSでの情報の拡散や、週刊誌などへのリークなども十分あり得ます。
そのため、現役(デュアルキャリア)に限らず、現役引退後(セカンドキャリア)にも影響するようなネガティブな情報の取り扱いには注意しなければなりません。

▲TOP

-- 慰謝料・財産分与

一般的なサラリーマンなどの夫婦の財産分与の割合は、原則として2分の1ずつとなりますが、プロスポーツ選手のように才能(能力)や努力によって共有財産を築いた場合、その配偶者の財産分与は2分の1以下になる可能性があります。
実際の裁判例においても、スポーツ選手など、高額の収入に将来の生活費を考慮したベースの賃金を前倒しで支払うことによって、一定の生涯資金を保障するような意味合いが含まれている等の事情がある場合には、そのような事情を考慮して寄与割合を決めるべきであるとした裁判例があります。

しかし、高額な年収(年俸+広告契約による収入など)のプロスポーツ選手ほど、預貯金や資産も多い傾向にあるため、慰謝料や財産分与について争われることが多いです。

▲TOP

-- 契約金

プロスポーツ選手が、所属するクラブチームなどから支払われる契約金は、婚姻前に支払われた(取得した)ものであれば、選手本人の固有資産とみなされ財産分与の対象にはなりません。
しかし、婚姻後に支払われた(取得した)ものであれば、夫婦共有財産として財産分与の対象となる可能性が高いでしょう。

▲TOP

-- 養育費(養育費の減額請求)

プロスポーツ選手が離婚する場合、高額な年収(年俸+広告契約による収入など)であればあるほど、子供の養育費も高額になる傾向があります。

しかし、プロスポーツ選手のほとんどは、現役時代(デュアルキャリア)の収入と、現役引退後(セカンドキャリア)の収入に少なからず変化があるのではないでしょうか。

養育費は、家庭裁判所が参考資料として公開している「養育費・婚姻費用算定表」を参考に、年収に基づいて決定されますが、養育費が決められた後、例えば、現役引退後に大幅に収入が下がったという場合には、養育費の減額を請求することが認められています。

▲TOP

-- 親権・面会交流

現役のプロスポーツ選手の場合、試合などで遠征する機会が多ければ、子供と過ごす時間も限られるでしょう。また、現役引退後は、経済状況の変化も考慮しなければなりません。

親権について争いになった場合、どちらの親が子供を監護養育するのにいい環境を与えられるのか、子供にとって幸せなのかを、よく考える必要があります。

仮に、親権を取らない場合にも、子供にとって親であることは変わりありません。
子供を監護していない親(非監護親)が、子供と直接会うなどの交流をする面会交流という制度が法律で認められています。そして、元配偶者が子供との面会交流に応じない場合には調停や審判を申し立てて請求することもできます。

▲TOP

-- まとめ

プロスポーツ選手の離婚は、離婚問題についての専門的知見が豊富で、調停や裁判(訴訟)の経験をより多く積んでいる弁護士にご相談されることをおすすめします。

弁護士は、弁護士法第23条によって、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務がありますので、ネガティブな情報の拡散やリークからのリスクヘッジとして、弁護士に相談することも選択肢の一つとしてお考えください。

▲TOP

弁護士に相談
してみませんか?

1
はじめてのご相談は
無料です

離婚問題について初回ご相談は無料です。現状の整理や今後の手続きの流れ、相手方への対応方法など、丁寧にわかりやすくお話しますので、ぜひ無料相談をご活用ください。

※ご相談内容によっては有料相談の場合もございますので予めご了承ください。
※正確な問題把握と的確なご提案ができるよう、お電話でのご相談は行っておりませんので、予めご了承ください。

2
女性弁護士、
男性弁護士のご希望も

「女性弁護士のほうが話しやすい」「男性弁護士のほうが心強い」など、ご希望がある場合は、女性弁護士、男性弁護士をお選びいただけます。面談ご予約時にお気軽にお申し付けください。

3
お忙しい方、お急ぎの方も
ご安心ください

最短で当日のご相談が可能です。夜間・土日のご相談もご都合、ご希望に添えるよう出来る限り対応いたしますので、日中お仕事されている方や、お急ぎの方も是非ご相談ください。

4
すべてのオフィスが
駅から徒歩圏内

オフィスは、東京(八重洲/日本橋)、新宿、六本木(六本木一丁目/六本木)、北千住、横浜、千葉に設けており、すべてのオフィスが駅から徒歩圏内にあり、アクセスも便利です。

5
赤ちゃんや小さな
お子さま連れでのご相談も

赤ちゃんや小さなお子さま連れでのご相談も可能です。 お子さまを見守りながら、ゆっくりとご相談いただけるよう、絵本やおもちゃなどもご用意しております。また、おむつ替えベッドのご用意しておりますので、お気軽にお申し付けください。

※現在、六本木オフィスのみ対応。

6
弁護士費用は明確にご提示

離婚交渉・離婚調停プラン、不倫相手への慰謝料請求プラン、公正証書作成プランなど、弁護士が全てを代理するプランから、ご依頼者様をバックアップ(サポートする)プランまで、様々なプランをご用意しております。
ご相談の内容をおうかがいした上で、プランのご提案とともに弁護士費用を明確にご提示いたします。

離婚のご相談から
解決までの流れ

離婚のご相談から解決にいたるまでの流れをご案内いたします。

  • STEP 1
    法律相談(面談)のご予約

    法律相談(面談)のご予約

  • STEP 2
    面談による法律相談

    面談による法律相談

  • STEP 3
    弁護士への委任の検討

    弁護士への委任の検討

  • STEP 4
    委任契約

    委任契約

  • STEP 5
    弁護士活動の開始

    弁護士活動の開始

  • STEP 6
    交渉・調停・裁判(訴訟)・審判

    交渉・調停・裁判(訴訟)・審判

  • STEP 7
    解決

    解決

離婚の弁護士費用(プラン)

「依頼内容に応じて」明確に設定しております。

離婚交渉・調停プラン

離婚交渉・調停、婚姻費用請求などが含まれたプランです。

    • 着手金
      30万円
    • 報酬金
      40万円

      +得られた経済的
      利益の10%

    • 協議離婚・調停に関する相手方との交渉
    • 慰謝料
    • 財産分与
    • 婚姻費用
    • 年金分割
    • 親権
    • 養育費
    • 監護権
    • 面会交流の交渉

※親権・面会交流が争点となる場合には、プラス10万円の追加着手金が発生します。
※経済的利益とは財産分与、慰謝料、養育費2年分、婚姻費用2年分等の合計を指します。
※別途実費(交通費、郵便代、印紙代など)が発生します。
※上記金額は全て税別金額となります。別途消費税が加算されます。

期待を超える

期待を超える

離婚問題は、精神的にも経済的にも負担がかかります。ご依頼者様が不安に感じないよう、進捗のご連絡をしっかりと行い、一つ一つ丁寧に説明することを心がけています。また、できるだけ早く解決することも弁護士の能力の一つであると考え、解決までのスピードも重視しています。

ご依頼者様が、一日でも早く、前を向いて新しい生活を始められるよう、期待を超えるサービスを目指しております。

弁護士に委任する
メリット

  • POINT1

    手続の準備の時間や精神的負担を最小限にすることができます。

  • POINT2

    法的観点から冷静に分析し、論理的かつ戦略的に主張することができます。

  • POINT3

    主張すべきタイミングを見極めて、主張すべきことを明確に主張することができます。

  • POINT4

    望まない条件を受け入れてしまうなどリスクを回避することができます。

  • POINT5

    調停外での相手方とのやり取りも弁護士を通して行うことができます。

守秘義務(弁護士法23条)

弁護士は、ご依頼者様(顧問先様やご相談者様を含みます)について、職務上知ることができた秘密を守る義務があります。また、法律相談はプライバシーに配慮した完全個室を完備しております。

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

ご来所頂ける方に限らせて頂いております。
ご了承ください。

TOP