Money離婚とお金

婚姻費用分担請求とは

夫婦には婚姻費用を2人で分担する義務があり、その支払いがなされなかった場合は、相手に婚姻費用の支払いを請求することができます。

婚姻費用とは、衣食住にかかる費用をはじめ、交際費や医療費、子どもの教育費といった夫婦や2人の子どもが共同生活を送るうえで必要な費用の総称です。婚姻費用というと聞きなれない言葉かもしれませんが、「夫婦が結婚している間の生活費」と考えればよいでしょう。

夫婦には法律上、お互いに守るべきさまざまな義務があります。その中で婚姻中の生活費にかかわる義務は以下の2つです。

  • ① 財産や収入などのさまざまな事情を考慮したうえで、夫婦はお互いに婚姻から発生する費用を分担する義務を負う
  • ② 夫婦はお互いが同レベルの生活を営めるように配慮する義務を負う

夫婦は婚姻生活を送るうえで、お互いに同等レベルの生活を相手にもさせなければならず、子どもの生活費・養育費等を含めた婚姻中の生活費を分担する義務があります。一般的には、収入が多い夫または妻から収入の低い相手に支払われることになります。もし、相手が支払いに応じなければ、法律に基づいて婚姻費用の分担を請求することができます。

婚姻費用分担請求をできるケースとできないケース

婚姻費用の分担は夫婦の義務なので、たとえ夫婦の仲が悪くなったとしても、法律上、夫婦である以上、婚姻生活費を支払い続けなければなりません。しかし、法律上は夫婦であっても、婚姻費用分担請求が認められないケースもあります。請求が認められる場合と認められない場合の具体的なケースを見ていきましょう。

婚姻費用の分担請求ができるケース

別居している場合

夫婦はお互いに同居の義務を負っていますが、相手の不貞行為やDVなどが原因で一緒に暮らすことが困難になる場合があります。しかし、たとえ同居していなくても、離婚届が受理されるまでは夫婦であることには変わりありません。そのため、別居を理由に生活費の支払いを拒むことは原則としてできません。たとえば自分が家を出て行った側であっても、相手のほうが収入が多い場合は、相手に対して婚姻費用の支払いを請求することができます。

別居して子どもを引き取った場合

相手と自分とで社会的地位や収入に差がない、あるいは、相手よりも自分のほうに多くの収入がある場合でも、相手に婚姻費用の支払いを請求できるケースがあります。それは、自分が子どもを連れて家を出た、または、相手が子どもを置いて出て行ったときです。この場合に請求できる婚姻費用は、夫婦が一方を扶養する義務というよりは、親が子どもを養う義務として発生すると考えられます。

同居していながら婚姻費用が支払われない場合

婚姻費用分担請求は別居していなければいけないものではありません。もし同居している最中に相手から生活費がもらえなくなれば、請求が可能です。生活費を払わないことで配偶者が困窮することを知っていながら、あえて生活費を渡さないことは、法律で定める離婚原因の1つである「悪意の遺棄」にも該当し得ると考えられます。

婚姻費用の分担請求ができないケース

別居の原因が自身にある場合

たとえば、自分の身勝手な不倫がもっぱらの原因で夫婦関係が成り立たなくなり、別居に至った場合は、たとえ相手より収入が低くても、婚姻費用分担請求は認められないか、認められても大きく減額される可能性が高くなります。ただし、子どもを引き取っている場合、婚姻費用のうち子どもの養育費や教育費にあたる部分は、自身に非があるかないかにかかわらず、請求することが可能です。

婚姻費用分担請求の方法

婚姻費用の額は、まず夫婦間の話し合いで決定します。相手が婚姻費用の支払いに応じない、または話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所へ婚姻費用分担請求調停を申し立てます。この調停の申し立ては、離婚原因の有無にかかわらず、夫婦の双方が可能です。

婚姻費用の分担請求調停の流れ

調停委員が夫婦の双方に話を聞き、夫婦が保有する資産、それぞれの収入と支出、社会的地位、子どもの年齢や人数など、さまざまな事情を把握します。そして、これらを考慮したうえで、婚姻費用の金額などについて具体的な解決策を提示したり、場合によっては助言したりしながら、話し合いによる解決を目指します。双方が納得すれば調停成立となり、その後は取り決めの内容を記した調停調書に従って、婚姻費用の支払いが行われることになります。

一方で、話し合いが調停でもまとまらず、調停不成立となった場合は、自動的に審判手続きへ移行することになります(別途の手続きの申し立ては必要ありません。)。
審判とは、調停手続きにおいて把握された双方の事情や夫婦の状況などを考慮したうえで、裁判官が判断を下す制度です。
審判の決定に夫婦双方の合意は必要なく、また、審判において下された決定には強制執行力があることも特徴です。また、将来の婚姻費用の金額のみならず、調停申立て以降の未払い婚姻費用額についても判断されます(調停手続きにおいても、話し合いにより未払い婚姻費用額についても合意することは可能です。)。
ただし、審判の決定に対して不服があれば、「即時抗告」という異議申し立てをすることができます。即時抗告は審判の決定を受けた日の翌日から2週間以内に行う必要があり、即時抗告と同時に強制執行力も失います。

婚姻費用の支払いが急を要する場合の手続き

調停や審判による決定を待っていられないほど生活が困窮している場合、裁判所の決定を待たずに婚姻費用を支払ってもらえるケースがあります。具体的な手続きの方法は以下の2つです。

-- 調停前の仮処分(家事事件手続法266条)

調停を申し立てたときから調停が終了するまでの間に可能な手続きです。裁判所に申立書や上申書を提出し、裁判所の職権発動を促し、その内容に緊急性が認められれば、裁判所から婚姻費用を支払う側へ、支払いの勧告、または命令が下されることになります調停前の仮処分に強制執行力はありませんが、勧告や命令に従わなかった場合は10万円以下の過料が課せられることから、ある程度の心理的な圧力を与えることは可能です。

-- 審判前の保全処分(家事事件手続法105条)

審判の決定が出るまでの間に可能な手続きです。裁判所へ申立書を提出し、その内容に緊急性が認められれば婚姻費用を支払う側へ一定額の支払いが命じられるという流れは調停前の仮処分と同じです。
しかし、審判前の保全処分には強制執行力があり、命令に従わなかった場合は相手の給与などを差し押さえられる点が大きな特徴です。
ただし、審判前の保全処分には強制執行力があることから、差し迫った事情や理由がなければなりません。
婚姻費用分担請求の場合、緊急性が高まったときには調停中でも、審判への移行手続きなしに、ただちに審判前の保全処分の申し立てができます。

婚姻費用の金額の決定方法

調停での話し合いでは、お互いの収入や子どもの年齢・人数などをもとに作成された「婚姻費用の算定表」をもとに、婚姻費用の金額を決定するのが基本です。ただし、夫婦それぞれの社会的地位や収入、別居に至った原因など、個々にあらゆる事情が考慮されるため、必ずしも算定表通りになるとは限りません。

婚姻費用の金額については、夫婦で自由に話し合うことができますが、ある程度、算定表にもとづいて金額を決定したほうが、お互いに納得しやすいでしょう。

-- 婚姻費用の算定表をもとにした婚姻費用の金額の例

  • 【ケース1】

    会社員の夫(年収600万円)とパート勤務の妻(年収200万円)、15歳未満の子ども2人の家庭において、子どもを2人とも引き取った妻に夫が支払う婚姻費用

    月額10~12万円
  • 【ケース2】

    自営業の夫(年収450万円)と会社員の妻(年収450万円)、15歳以上の子ども1人の家庭において、子どもを引き取った妻に夫が支払う婚姻費用

    月額4~6万円

婚姻費用を請求するタイミング

一般的に婚姻費用が支払われるのは、婚姻費用分担請求の調停の申し立てがあったときからだとされています。そのため、それよりも前にさかのぼって婚姻費用を請求することはできません。まだ離婚までは考えていない段階だとしても、別居を考えるときは、できるだけ早く婚姻費用について夫婦で話し合うか、別居したと同時に婚姻費用の分担請求調停を申立てるなどすることが重要なポイントになります。なお、離婚調停と同時に婚姻費用の分担請求の調停を申し立てることも可能です。

婚姻費用分担請求が可能な期間

相手が婚姻費用を支払う義務を負うのは、お互いに婚姻関係があることが前提です。そのため、婚姻費用分担請求ができるのは、生活費が支払われなくなってから離婚が成立するまでの間であり、離婚の成立後は、相手が婚姻費用を支払う義務はなくなります。 また、離婚には至らなくても別居が解消されたときには、婚姻費用分担請求ができなくなるとするのが一般的です。

婚姻費用分担請求を行うメリット

相手に婚姻費用の支払いを請求する最大のメリットは、離婚に関する協議や調停・裁判の間や別居期間の自分と子どもの生活費を確保できることです。
また、相手が離婚すること自体に合意してくれない場合は、先に婚姻費用分担請求を行っておくことが圧力になる可能性も期待できます。離婚成立までの期間が長引けば長引くほど、婚姻費用の負担も大きくなるので、早く離婚しようと思わせることができるのです。そのような意味でも、できるだけ早く婚姻費用分担請求の手続きを行っておくことが、離婚を有利に進めるためのポイントになるといえるでしょう。


「婚姻費用」の解決事例一覧

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP