交渉において慰謝料を減額させるためには

相手から慰謝料が請求されている場面では、相手方が感情的になっていることが多く、当事者だけでの交渉では話が進まないため、弁護士が交渉するケースも少なくありません。
このような場面において、まずは状況を確認し、相手方の主張内容が事実と異なるか否か明確にすべきです。
そのうえで、相手の求めている要望を正確に認識して交渉する必要があります。
なぜなら、高額な慰謝料を請求しているものの、本当はきちんとした謝罪の意を示してほしかったということもあるからです。
そして、状況や相手の要望を十分に把握したのちに、減額交渉に臨むべきです。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様