弁護士に依頼するメリットは

交渉のストレスから解放される

感情的になりがちな相手方との交渉を弁護士に任せることで、精神的なストレスから開放され、日常生活への影響も最小限に留められ、交渉がスムーズに進む場合もあります。

相手方と対等に交渉ができる

相手方は感情的になっていることが多く、また相手方にとって有利な条件で示談・和解を要求してきます。しかし、弁護士に依頼することによって、過去の判例などを踏まえた適正な慰謝料額を前提とした対等な交渉が可能になります。

事後的なトラブルを未然に防ぐことができる

当事者間で和解が成立したにも関わらず、相手方から再び慰謝料を請求されるような事後的なトラブルも少なくありません。弁護士を通して合意書を作成することで、慰謝料を再請求されるようなトラブルを、未然に防止することが可能になります。

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

「 慰謝料の減額交渉をしてほしい 」
「 誰にも知られずに解決したい 」
「 裁判になる前に話し合いで解決したい 」

Authense法律事務所は、これまでの豊富な経験・実績に基づいて、法的観点から冷静に分析し、論理的な主張をし、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様