Surname離婚と氏・戸籍

子の氏と戸籍について

子どもがいる場合に、両親が離婚すると、子どもの氏は、どうなるのでしょうか。
両親が結婚の際に、夫の氏を名乗って子どもが1名いる場合を想定し、父親が親権者として、子どもを引き取る場合と、母親が親権者として、子どもを引き取る場合に分けて、考えてみたいと思います。

-- 父親が親権者

両親が離婚しても、戸籍上、子どもの氏に影響はないため、子どもは、父親の氏を名乗り続けることになります。また、親権者と子どもの氏が同じときは、同じ戸籍に入ることができますので、そのまま、父親と子どもは、同じ戸籍に入り続けることになります。ですから、父親が親権者となるときは、子どもの氏や戸籍に変更はなく、とくに難しい問題は生じません。

-- 母親が親権者

母親が親権者となるときは、少し、問題が生じます。母親は、離婚をすると、結婚前の氏に戻ります。そして、親と子どもの氏が異なるときは、法律上、同じ戸籍に入ることができません。その結果、離婚により母親と子どもの氏が異なることになるため、母親と子どもは、同じ戸籍に入ることができません。

母親と子どもが同じ戸籍に入るためには、原則として、管轄する家庭裁判所で、子どもの氏の変更許可申立てを行い、子どもの氏を変更することについて、家庭裁判所の許可を得る必要があります。そのうえで、入籍届を、役所に提出することで、晴れて、母親と子どもは、同じ戸籍に入ることができます。

-- 妻が離婚後も、夫の氏を使用

民法では、「婚氏続称」という制度により、妻が、離婚後も、婚姻前の氏ではなく、夫の氏を名乗ることができます。ただし、この「婚氏続称」という制度は、あくまで、離婚後も、婚姻中の氏を名乗ることが許されるのみで、民法上の氏は、結婚前の氏に戻るのが建前です。

ですから、上記【母親が親権者】の項目に記述しましたとおり、母親が「婚氏続称」制度を用いて、婚姻中の氏を名乗っていたとしても、母親と子どもが同じ戸籍に入るためには、やはり、管轄する家庭裁判所で、子どもの氏の変更許可申立てを行い、子どもの氏を変更することについて、家庭裁判所の許可を得る必要があります。

このように、結婚によって氏を変更した配偶者が、離婚の際に、親権者として、子どもを引き取る場合は、家庭裁判所で、子どもの氏の変更許可申立てを行わないと、子どもと同じ戸籍には入れないため、注意が必要です。

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP