解決事例

高額すぎる婚姻費用の減額請求。

  • ご相談者
  • 年齢:40代
  • 性別:男性
  • 職業:会社員
  • 婚姻期間:15年以上
  • 子ども:あり
離婚交渉・調停プラン

ご相談までの経緯・背景

ある日、Aさんの浮気が妻にバレてしまいました。
妻は、反省するAさんを一切許してくれず、そのまま家の鍵を変えてしまいました。

Aさんは、そのまま別居生活を余儀なくされ、子どもに会うことや、私物を取りに行くこともできませんでした。

また、妻から毎月の高額な生活費が請求されました。しばらく送金をしていたAさんでしたが、貯金も少なくなっていきました。

Aさんは、妻への生活費を支払う意思はあるものの、毎月請求される金額があまりに高額で、これ以上支払い続けることは現実的に困難でした。

解決までの流れ

Aさんは、妻から毎月請求される生活費の減額と、子どもに会えるようにしてほしいと希望され、ご相談にいらっしゃいました。

弁護士は、Aさんの希望を叶えるため、婚姻費用の分担請求調停と面会交流に関する調停を申し立てました。

結果・解決ポイント

調停の結果、Aさんが、妻に毎月の生活費として支払う婚姻費用は標準的な金額にとどめられ、別居期間中の婚姻費用の分担として、離婚又は別居解消にいたるまで支払うこと、また、子どもと定期的に連絡を取ることが認められ、無事に調停が成立しました。

担当弁護士
Authense法律事務所
弁護士 
(第二東京弁護士会)
東京大学法学部卒業、東京大学大学院法学政治学研究科修了。遺産分割協議、遺留分侵害額請求、遺言無効確認など、相続に関わる様々な紛争案件の解決実績を持つ。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様