初回60分まで無料法律相談実施中!
私たちに相談してください。

初回の法律相談は60分まで無料です

  • tel:0120-272-585
  • 無料相談のご予約
  • ・土日祝日のご相談も承っております。
  • ・弁護士の男性、女性をお選びいただけます。

離婚問題でこれ以上悩んで欲しくない、これが私たちの願いです。

一人で戦う前に知っておきたいこと

離婚調停Divorce Mediation

一人で戦う前に知っておきたいこと

離婚調停についてご相談いただく内容を3つに分けてまとめました。中でも模擬調停は、実際に離婚調停がどのように行われているかがイメージできる内容となっています。

ご要望に応じた明確な費用体系

離婚の弁護士費用Fee

離婚のサービス・費用についてのご案内です。「依頼内容に応じて」明確に設定しております。

離婚に関するご相談料金弁護士が状況を伺い、ご要望を踏まえた上で、解決方法を提案します。

  • 初めての離婚相談60
  • 無料

※60分を超えた場合は、¥5,000(税別)/30分をいただきます。

弁護士にご依頼いただく際の
代表的な3つのプランをご紹介

離婚交渉・調停プラン

  • 協議離婚・調停に関する相手方との交渉
  • 慰謝料・財産分与・婚姻費用・年金分割・親権・養育費・監護権・面会交流の交渉
  • 協議離婚・調停に関する相手方との交渉
  • 慰謝料・財産分与・婚姻費用・年金分割・親権・養育費・監護権・面会交流の交渉
  • 着手金30万円
  • 報酬金40万円 + 得られた経済的利益の10※1 ※2 ※3 ※6
  • ※ 報酬の40万円は、依頼者の意思により紛争が終了した場合にも発生します。
  • ※ 経済的利益とは財産分与、慰謝料、養育費2年分、婚姻費用2年分等の合計を指します。
  • ※ 別途実費(交通費、郵便代、印紙代など)が発生します。
  • ※ 金額は全て税別金額となります。別途消費税が加算されます。

不倫相手への慰謝料請求プラン

  • 不倫相手や元配偶者に対し、慰謝料請求するプランです。
  • 不倫相手や元配偶者に対し、慰謝料請求するプランです。
  • 着手金25万円
  • 報酬金25万円 + 得られた経済的利益の10※4 ※6
  • ※ 交渉、訴訟を含めた金額です。
  • ※ 金額は全て税別金額となります。別途消費税が加算されます。

不倫・浮気の慰謝料減額交渉プラン

  • 慰謝料請求をされた場合に、減額交渉するプランです。
  • 慰謝料請求をされた場合に、減額交渉するプランです。
  • 着手金25万円
  • 報酬金25万円 + 得られた経済的利益の10※4 ※5 ※6
  • ※ 交渉、訴訟を含めた金額です。
  • ※ 得られた経済的利益とは減額した慰謝料金額にあたります。
     300万→100万に減額した場合、経済的利益は200万円となります。
  • ※ 金額は全て税別金額となります。別途消費税が加算されます。
  • ※1 報酬の40万円は、依頼者の意思により紛争が終了した場合にも発生します。
  • ※2 経済的利益とは財産分与、慰謝料、養育費2年分、婚姻費用2年分等の合計を指します。
  • ※3 別途実費(交通費、郵便代、印紙代など)が発生します。
  • ※4 交渉、訴訟を含めた金額です。
  • ※5 得られた経済的利益とは減額した慰謝料金額にあたります。
     300万→100万に減額した場合、経済的利益は200万円となります。
  • ※6 金額は全て税別金額となります。別途消費税が加算されます。

その他の料金プランはこちら

離婚にまつわるキーワードを解説

離婚の基礎知識Knowledge

基礎知識

離婚問題を抱える方へ、「離婚とお金」「離婚と子ども」の観点から、知っておきたい8つのことをお伝えします。

離婚と子ども Divorce and Child

弁護士に依頼する理由Reason

理由01客観的で冷静な判断ができる

本人同士で離婚の話し合いをしている夫婦も数多くいらっしゃいます。しかし、どうしても離婚の話し合いとなるとお互いが感情的になり、冷静な判断が出来てなくなってしまっている方が多いというのも事実です。

離婚の話し合いでは、決めなければいけないことがたくさんあります。離婚に伴う決めごとの優先順位や早期解決の希望、経済的合理性の追求などご依頼者様ごとに求める結果が千差万別なのが離婚の相談の特徴でもあります。

そのような話し合いで、感情的に交渉をしていると判断を誤ってしまうことも少なくはありません。弁護士が間に入ることによって、ご依頼者様の希望を伺い、冷静に状況を分析して、ご依頼者様ごとの希望に沿った最良の解決に向けたカスタムメイドな対応を行うことが出来ます。

理由02少しでも有利な解決が期待できる

相手方に弁護士が付いて交渉している場合、相手方の弁護士は、自身のご依頼者様にとって有利な裁判例や過去の事例ばかりを示して、あたかもそれが基準のすべてだというスタンスで交渉してくるのが通常です。

こちらも弁護士に依頼することによって、まずは交渉の前提となる相場を知ることができ、一方的に不利な交渉を免れることが出来ます。また、弁護士が交渉することによって、全体の状況を分析した上で相場よりも有利な結果を得られる可能性もあります。

例えば、慰謝料や財産分与の相場は存在しますが、ご依頼者様と相手方の離婚をしたいという希望の強弱によって、交渉の進め方は変わってきます。このように弁護士が間に入れば、基準としての相場を踏まえつつもより柔軟かつ希望に沿った交渉を行うことが出来ます。

続きをみる

離婚コラム離婚事情は十人十色、協議離婚、慰謝料請求など、離婚問題に役立つ情報をまとめました。

すべての離婚記事を見る

TOP