解決事例

夫の不倫と暴力、離婚へ向けた婚姻費用分担調停。

  • ご相談者
  • 年齢:40代
  • 性別:女性
  • 職業:会社員
  • 婚姻期間:20年以上
  • 子ども:あり
離婚交渉・調停プラン

ご相談までの経緯・背景

Aさんの夫は、職場の部下と不倫をしていました。Aさんが夫を問いただすと、夫は不倫の事実を認めました。

Aさんは、ショックのあまり体調を崩してしまい、夫婦関係はギクシャクしていました。
ある日、夫は子どもに暴力を振るい、そのまま家を出て行ってしまいました。

解決までの流れ

Aさんは、夫に対し、婚姻費用や子どもの学費などを請求したいと、ご相談にいらっしゃいました。

弁護士は、別居中の夫に対し、婚姻費用の分担請求調停の申立てを行いました。

結果・解決ポイント

調停の結果、Aさんと夫が同居または離婚するまでの間、夫は、住宅ローン、子どもの学費、取り決めた婚姻費用を毎月支払うことで調停が成立しました。

担当弁護士
Authense法律事務所
弁護士 
(神奈川県弁護士会)
早稲田大学法学部卒業、早稲田大学大学院法務研究科修了。遺産、離婚などの家事事件、不動産会社やメーカーの顧問業務、交通事故の示談交渉、労働問題など幅広い分野で精力的に活動する。また、横浜駅前での法律相談会、遺産相続や任意後見、家族信託に関するセミナー・講演にも積極的に取り組んでいる。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様