解決事例

別居5年。子どもの親権を主張する夫と離婚調停。

  • ご相談者
  • 年齢:40代
  • 性別:女性
  • 職業:パート
  • 婚姻期間:20年以上
  • 子ども:あり
子の引渡しと監護者の指定の審判

ご相談までの経緯・背景

Aさんは、夫からのモラハラに悩んでいました。また、子育てをしながら、義理の両親の介護もしなくてはならい生活が続き、Aさんはついに精神疾患を患ってしまいました。

肉体的にも精神的にも限界だったAさんは、これ以上、夫婦生活を続けられないと悟り、子どもを連れて家を出ました。

Aさんは、自分で離婚調停を申し立てました。
調停では、離婚、子どもの親権、婚姻費用の分担について話し合われました。

しかし、子どもの監護養育と婚姻費用の分担については合意に至ったものの、Aさんが最も希望した離婚の成立までには至らず、当分の間、別居することで調停は終了しました。

その後、別居が5年ほど続きましたが、Aさんと夫との夫婦関係が改善することはありませんでした。

解決までの流れ

Aさんは、夫との離婚を望んでご相談にいらっしゃいました。

Aさんは、離婚調停を経ることなく、離婚を成立させたいと考えていましたが、夫は、「離婚には合意しない」と主張し、さらに離婚条件として、子どもの親権を主張しました。

弁護士は、離婚調停を申し立て、離婚交渉だけでなく、子どもの成長にともなった養育費の見直しについても主張しました。

結果・解決ポイント

調停の結果、Aさんは夫との離婚が成立し、子どもの親権を得ることができました。また、子どもが20歳になるまで、夫が養育費にを支払う旨の合意を得ることもできました。

担当弁護士
Authense法律事務所
弁護士 
(第二東京弁護士会)
中央大学法学部法律学科卒業、中央大学法科大学院法務研究科修了。離婚、相続などの家事事件を中心に、顧問業務を主とした企業法務、一般民事事件や刑事事件など幅広い分野を取り扱う。離婚事件では、慰謝料、子の引渡し、親権などの解決実績を持つ。また、企業法務や一般民事事件では、訴訟を数多く経験し、訴訟対応を得意とする。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様
弁護士へのご相談予約で、
初回相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます
些細なご相談もお気軽にお問い合わせください
弁護士へご相談可能な時間帯
平日6:30~20:00 / 土日祝10:00~18:00
弁護士へのご相談予約で、初回相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます

ご相談から解決までの流れ

弁護士との初回面談相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます