• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談177 離婚調停(32)

お金にだらしない夫と離婚調停。慰謝料と養育費が争点に。

夫の浮気と思いやりのない数々の言動に限界を感じ、離婚したいと思っていますが、夫は普段からお金にだらしない人なので、子供たちの養育費などちゃんと支払ってもらえるのか…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 婚姻期間:5年以上
    • 子ども:あり
    • 職業:主婦
  • [背景]

    Aさんは、夫Bの長期間にわたる浮気や思いやりのない数々の言動に精神的苦痛を感じていました。夫Bは離婚には同意しましたが、普段から金銭面でだらしないため、慰謝料や養育費など、ちゃんと支払ってもらえるのか不安です。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、子供の親権や養育費、面会交流について、ご相談にいらっしゃいました。

    弁護士は、Aさんの意向を伺ったうえで、夫と話し合いの機会をもちましたが、Aさんからの要望に夫Bは難色を示し、話し合いはまとまりませんでした。

    すると、夫Bから離婚調停の申立てがあり、調停での交渉となりました。
     調停では、夫Bの長期間にわたる不貞行為(浮気・不倫)によってAさんが被った精神的苦痛に対する慰謝料と、子供の養育費などについて争点となりました。

    不貞行為(浮気・不倫)の慰謝料について、夫Bは、不貞行為(浮気・不倫)より以前に別居しており、婚姻関係は破綻していたと主張しました。

    これに対し、弁護士は、別居はAさんの妊娠・出産や育児のための必要やむを得ない帰省によるものであり、夫BはAさんの帰省中も定期的にAや子供たちに会いに来ていたのであるから、婚姻関係が破綻していたとはいえないと主張しました。また、養育費についても、子供が今後成長するにしたがって、習い事や学習用具代など、諸々の費用が必要となってくることを主張しました。

    [結果]

    調停の結果、子供の親権者は母親であるAさんとすること、Bは養育費として、子1人あたり月額約4万円を支払うこと、解決金として350万円を支払うなど、Aさんの希望する条件で調停離婚が成立しました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP