Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談117 子の引渡し(1)

子どもを返してほしい、会わせてほしい。

夫が子ども連れて家を出て行ってしまいました。子どもを返して欲しいのですが、夫は「しばらく考えたい」と言って応じてくれません。もう一度、子どもと一緒に暮らしたい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 婚姻期間:5年以上
    • 子ども:あり
    • 職業:主婦
  • [背景]

    ある日、Aさんは、姑のことが原因で夫と夫婦喧嘩をしてしまい、ヒステリーを起こしてしまいました。

    すると、その翌日、夫は子どもを連れて家を出て行ってしまいました。

    自分の行動を反省したAさんは、夫に「子どもに会わせてほしい」と懇願しましたが夫は許してくれませんでした。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、子どもが幼児であり、母親である自分に会えないことで悪影響が及んでしまうことを心配し、ご相談にいらっしゃいました。

    弁護士は、夫に対して、子どもをAさんに1週間以内に引き渡すよう求めましたが、夫はこれを拒否しました。

    そこで、弁護士は、子の引渡しを求める審判を提起しました。

    審判において、弁護士は、夫は仕事で忙しく、子どもの面倒を見ることは難しいため、子どもの成長に悪影響を及ぼす可能性があると主張しました。
     また、相手方弁護士と交渉を行い、Aさんが子どもと週4日間の面会ができる旨の暫定合意書を作成しました。

    これに対して、夫は夫婦そろって子どもを育てることが望ましいと考えており、そのため、今後Aさんがヒステリックな行動を起こさないようにすることを求めてきました。

    [結果]

    審判の結果、Aさんがヒステリックな行動を起こさないこと、子どもの育児について夫婦が協力し、子どもが平穏に生活できるよう努力することを条件に、段階を踏んで本来の家族のかたちに戻れるよう、同居を進める旨の和解が成立しました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

ご来所頂ける方に限らせて頂いております。
ご了承ください。

TOP