• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談115 慰謝料請求(38)

離婚するよりまず、妻の不倫相手に慰謝料請求。

妻が不倫をしていました。相手とは「もう会わない」と約束してくれたのですが、実際は私に隠れて関係は続いていました。妻との離婚も考えていますが、まずその前に不倫相手に慰謝料を請求したい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:30代
    • 婚姻歴:10年以上
    • 子ども:あり
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      川口 真輝 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、妻の普段の様子が変わり、携帯電話を肌身離さず持ち歩くようになったことに違和感を感じていました。

    ある日、妻の携帯電話を確認すると、知らない男性Bからの履歴が数多く見つかりました。

    妻を問いただすと、不倫していることを認め、不倫相手Bとは今後一切、連絡をとらないと約束しました。
     しかし、実際はその後も不貞関係(不倫・浮気)を続けていました。

    [相談内容と弁護士対応]

    妻と不倫相手Bが今でもなお不貞関係(不倫・浮気)を続けていることを知ったAさんは激怒し、離婚の話し合いをするまえに、まずは夫婦関係を壊したBに責任をとってもらいたいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

    弁護士は、Bに対して内容証明郵便を送り、慰謝料を請求するとともに、今後一切、Aさんの子どもたちにも近づかないよう求めることにしました。
     しかし、Bは、相談を受けていただけで、恋愛感情はないと反論し、話し合いに応じようとはしませんでした。

    そこで弁護士は、Bに対して訴訟を提起しました。
     裁判では、探偵会社が撮影した写真などを証拠とし、Aさんの妻とBが不貞行為を行っていたことを立証することにしました。

    しかし、Bの代理人は、Aさんが妻に対して度重なる暴力やモラハラを続けており、夫婦関係はすでに破綻していたと反論してきました。
     これに対して弁護士は、当時の夫婦のメールのやりとりを証拠に、夫婦関係は良好であったことを主張しました。

    [結果]

    裁判の結果、不倫相手Bの不貞行為は認められ、Bが解決金として150万円を支払うこと、不貞行為を認め謝罪すること、不貞行為について他に口外しないこと、子どもとたちと一切接触しないことで和解が成立しました。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP