携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
初回60分まで無料法律相談実施中!

    • LINEでお悩み診断
    • メールでのご予約
  • tel:0120-272-585

ご来所頂ける方に限らせて頂いております。
ご了承ください。

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談100 有責配偶者(6)

浮気相手の妻から慰謝料を請求された。

趣味を通じて知り合った既婚男性と不貞関係をもつようになりました。ある日、不貞相手の奥さんから慰謝料の請求と不動産を差し押さえると通知が届きました。慰謝料もかなり高額でとても払えるようなものではありません…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:40代
    • 婚姻期間:--
    • 子ども:あり
    • 職業:パート
  • [背景]

    Aさんは、趣味を通じて男性Bと知り合い、二人で趣味を楽しむようになりました。

    あるとき、Aさんは、Bが既婚者であることを知りながら、積極的な誘いを断り切れず、不貞関係(不倫・浮気)をもってしまいました。

    ある日、Bから「妻に浮気がバレたので、三人で話し合いたい」と連絡がありましたが、Aさんは関わりたくないと思い、連絡を無視し続けました。

    すると、Bの妻Cから、慰謝料として500万円を請求する通知とAさんの所有する土地と建物を仮差押えするという内容の通知が届きました。

    [相談内容と弁護士対応]

    突然の裁判所からの通知に動揺したAさんは、どうしたらよいかわからず、ご相談にいらっしゃいました。

    Aさんは、Bと不貞関係をもったことは認め、謝罪の気持ちはありましたが、請求された慰謝料は高額で支払える金額ではありませんでした。

    弁護士は、Aさんの代理人として慰謝料の減額を求めました。

    妻Cは、Aさんのせいで夫婦生活が破綻したと訴えてきましたが、弁護士は、不貞(不倫・浮気)があった当時には、すでにBは妻Cとの離婚を考えていたこと、Bからの積極的な誘いにAさんが断り切れずに不貞関係(不倫・浮気)をもってしまったことを、BからAさん宛てに送られてきたメールを証拠として反論しました。
     弁護士の証拠を踏まえた適切な主張により、裁判はAさんに有利に進行しました。

    [結果]

    裁判の結果、Aさんは、Bの妻Cに謝罪するとともに、慰謝料として150万円を支払う内容で和解が成立しました。

    Aさんは、所有する土地と建物を差し押さえられることなく、慰謝料は支払える範囲での解決となりました。

    不貞行為(不倫・浮気)を理由に、慰謝料を請求されるケースは多くあります。
     お悩みの方は、ぜひ弁護士にご相談ください。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

ご来所頂ける方に限らせて頂いております。
ご了承ください。

TOP