携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
初回60分まで無料法律相談実施中!

    • LINEでお悩み診断
    • メールでのご予約
  • tel:0120-272-585

ご来所頂ける方に限らせて頂いております。
ご了承ください。

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談89 有責配偶者(5)

夫に浮気がバレてしまい、離婚の話し合いに。

夫に浮気がバレてしまい、離婚の話し合いをしています。夫は、浮気のことを両親にばらすと脅したり、暴力を振るってきます。請求された慰謝料も高額で…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:20代
    • 婚姻期間:3年以上
    • 子ども:あり
    • 職業:主婦
  • [背景]

    Aさんは、既婚者であるにもかかわらず、男性Cと不貞関係(不倫・浮気)をもつようになりました。

    その後、Aさんの浮気を知った夫Bから、Aさんに離婚の申し出がありました。

    Aさんは、夫Bからの離婚の申し出に応じるつもりでしたが、提示された離婚条件が妥当なのかわからない部分があり、離婚を決めかねていました。

    Aさんは、夫Bから浮気の事実を両親や知人にバラすと脅されたり、暴力を振るわれていました。また、Aさんの経済状況では支払えないほど高額な慰謝料を求められていました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、「夫から離れて別居したい」「浮気の事実を口外しないでほしい」「慰謝料も自分が支払える額まで減額してほしい」と、ご相談にいらっしゃいました。

    弁護士は、夫Bに対し内容証明郵便を通じて通知書を送付しました。
     そして、Aさんとの別居をすすめるとともに、第三者への口外をしないよう求めた上で、離婚条件についての話し合いを重ねました。

    [結果]

    話し合いの結果、子供の親権者をAさんにすると共に、Bに支払う慰謝料を200万円に減額する内容で合意となりました。
     また、浮気の事実を口外しないこと、仮にこれに違反した場合、BはAさんに違約金として100万円を支払う旨の口外禁止条項が記載されました。

    Aさんがご相談にいらしゃってから約2ヶ月後、無事に離婚が成立しました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

ご来所頂ける方に限らせて頂いております。
ご了承ください。

TOP