• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談41 養育費(1)

養育費、離婚にともなう金銭的問題。

妻とは家庭内別居状態が続いていました。先日、妻が子供たちを連れて家を出て行ってしまい、これ以上、夫婦生活を続けることは難しいと考えるようになりました。親権や養育費について…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 子ども:あり
    • 婚姻期間:1年以上
    • 担当弁護士:
      木村 光伸 弁護士
  • [背景]

    Aさんと妻は、Aさんの両親との同居をきっかけに、家庭内別居状態となっていました。

    妻は、次第にAさんを無視するようになり、食事を一緒にとらなくなり、Aさんが出勤する時間になっても寝ているようになり、そして先日、子供たちを連れて家を出て行ってしまいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、妻との離婚を考え、ご相談にいらっしゃいました。

    弁護士は、子供の親権をどちらにするか、養育費をいくら払うか、面会交流の頻度はどうするか、財産分与はどのように行うかなど、離婚に向けた話し合いを続けました。

    しかし、養育費をいくらにするかで話し合いが難航しました。
     理由は、Aさんが家のローンを毎月支払っており、養育費にかけることのできるお金が限られていたためでした。

    そこで、妻の要求に対して弁護士は、家庭裁判所が作成する養育費算定表を用い、Aさんの年収から算定される金額が相当であると主張しました。

    [結果]

    調停の結果、養育費の金額は弁護士が算出、主張した金額で決定しました。また、別居期間にかかった生活費や子供たちの学資保険などについても話し合いが行われ、事情に応じた適正な金額で決定されました。

    離婚をする際には、財産をどのように分けるのかなど様々な問題が生じます。また、子供がいる場合には、学資保険や児童手当などの分配についても問題となるため、当事者間での話し合いは難しいことが多いです。

    弁護士は、当事者の意向を汲みながら相手方と交渉を行いますので、最終的に納得できる解決が期待できます。離婚でお悩みの方はぜひご相談ください。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP