法律事務所オーセンスの離婚コラム

離婚の話し合いをするときに場所選びや第三者は同席していたほうがいいのか?

離婚の話し合いをするときに場所選びや第三者は同席していたほうがいいのか?

多くの夫婦が離婚をするときに協議離婚を成立させています。しかし、お互いの考えが一致することはなく、決して簡単ではありません。
離婚の話し合いをするときは成功させるために適した場所を選択し、第三者の同席や事前の相談も視野に入れておくべきです。

離婚の話し合いに適した場所を選ぶ2つのポイント

離婚の話し合いに適した場所 2つのポイント

離婚の話し合いをするなら、カフェやファミレスといったオープンな場所か、夫婦どちらかの実家を選びましょう。

オープンな場所なら感情的にならずに話し合いを進められる

離婚の話し合いを夫婦だけで行う場合は、お互い感情的にならず冷静に話し合いを進めるためにもオープンな場所を選択すべきです。人目のつかない場所であるとヒートアップしてしまうと収集がつかなくなることもあります。

思ってもいない気持ちを投げつけてしまうことで、関係を修復するのが困難となる可能性も考えないといけません。人目のつく場所であれば言葉や態度を選んで建設的な話し合いを行えるものです。
離婚の話し合いは問題について焦点を合わせ、夫婦関係の修復や復縁のための話もできます。感情的に気持ちを先行させてしまうと論理的な話はできません。

離婚の話し合いをするということは非常に大変で、体力が必要です。
双方の希望の内容が最初から合致しているということは稀で、いつまでも話が平行線で進まないことや、ヒートアップして冷静に話を進めることができないなど、問題はたくさんあります。
離婚の話し合いを円滑に進めるために大切なのが場所選びです。

たとえばDVが問題で別れたいと考えている場合、人目のある場所で話し合いをした方がよいのか、第三者同席のもとで話をした方がよいのかなど、場所や環境の選び方で話し合いがスムーズになりますので、離婚の話し合いに適した場所を選ぶようにしましょう。

なるべくお酒は控える

居酒屋やホテルのラウンジで話をするという場合、あまりお酒を飲み過ぎないようにしましょう。建設的な話し合いができなくなる可能性も有りますし、せっかく話し合った内容が酔っていたからといって無駄になってしまうケースも有りますので、飲み過ぎには注意です。

実家や義実家であれば子どもの面倒をみてもらえる

実家や義実家で両親や義両親と一緒に離婚の話し合いをする方法もあります。
子どもがいる場合は面倒を見てくれて、落ち着いた環境で離婚の話し合いができます。

しかし、実家や義実家で両親や義両親の立ち合いの元、離婚の話し合いを行う場合は自分の子どもを信じたいと思う親がほとんどです。夫婦のことに関して必要以上に言わず、平等に物事を見てくれる両親や義両親であるのが望ましいです。

離婚の話し合いに第三者は同席してもらうべき?

離婚の話し合いに適した場所がわかったら、次に第三者の同席を検討しましょう。ただ、第三者は誰でもいいというわけではありません。両者の意見を汲み取れる人がいいでしょう。

離婚の話し合いは二人だけで行うのが基本

離婚の話し合いの内容は決して他人に聞かれたい内容ではありません。知られたくない内容についての話をする場合は、特に二人だけで離婚の話し合いを行うのがよいでしょう。

感情的にならず、冷静に焦点を合わせて話し合いを行うことで二人だけで解決できることも少なくありません。もちろん、お互いが意見を譲らないのであれば、こじれてしまうこともあります。
親権なら親権、慰謝料なら慰謝料だけにフォーカスして話し合いを行うのがポイントになります。

二人きりは気まずい、状況的によくないけれどもあまり人の目につく場所で離婚の話をしたくないという人は、個室のある飲食店で話し合いをしてもよいでしょう。二人で落ち着いて話をすることができますので、離婚の話を進める場合でも、修復の話をするのにも適しています。

同席するならお互いの意見や主張を客観的に聞いてくれる第三者

離婚の話し合いを行う場合、二人だけで行うのが基本です。しかし、お互いが感情的になって話し合いが進まないと判断した場合、お互いの意見や主張を客観的に聞いてくれる第三者に同席してもらう方法もあります。

両親や義両親、仲人、弁護士などの第三者が介してくれることで、自分の気持ちを素直に表現できるようになります。注意点となるのは聞かれたくない内容もあるため、信頼できる相手であるかを見極めることです。

また、第三者には、あくまで中立の立場でいることが大切です。どちらかに肩入れしてしまうと、もう片方へ圧をかけてしまい、フェアな話し合いとはいえません。

離婚の原因によっては第三者に同席を依頼する

お互いに冷静に話し合いを進めることができるのであれば、第三者の立ち合いは余計な意見が入るだけですので不要ですが、ケースによっては第三者立ち合いのもと、話を進めた方がよいでしょう。

例えばDVやモラハラが原因で離婚することになった場合、話し合いの際に暴力を受けることになったり、モラハラを受けて返答することができなくなってしまい、相手に自分の意見を伝えられなくなってしまうということも有ります。
このようなリスクを避けるため、第三者の立ち合いをお願いした方がよいでしょう。また、二人での話し合いでいつまでたっても結論が出ないというケースでも、第三者を交えての話し合いをした方がよいかもしれません。

しかし、両親であってお友人であっても、基本的に知り合い側の味方になって話をすることになりますので、余計話がこじれてしまうことも珍しくありません。話し合いに第三者を交える場合は、基本的に意見を言わないというスタンスで参加してもらった方がよいでしょう。

離婚する前に相談しておきたい相手

離婚前に相談しておきたい相手

離婚の話し合いをはじめるまえに、まずは家族や知人などに相談してみましょう。
離婚しなくても改善できるケースもありますし、離婚後の生活のアドバイスを貰えることもあります。

両親や義両親

両親や義両親に離婚についての相談をしておけば、離婚後のサポート体制も整えやすいです。子どもがいる場合は子どもの面倒を見ないといけないため、両親や義両親に頼らざるを得ない場合もあるものです。
両親や義両親はサポート役としては適任であり、自分のことを最も心配して考えている存在といえます。

信頼のおける友人

信頼のおける友人に離婚についての相談を行うのもひとつの方法です。真剣に離婚について考える姿を見てサポートしてくれるかもしれません。そして、自分の考え方やものの見方を客観的に判断してくれる存在でもあります。

顔見知りや知り合い程度の関係なら相談すべきとは言い難いです。他人にどのように話が伝わるか分かりません。
学校や職場などに離婚の話が広まり、マイナスに作用する可能性も考慮すべきです。

弁護士

弁護士はお互いの意見や主張を客観的に聞いてくれる存在です。親権問題や財産分与、さらには離婚後の生活費まで、すべてにおいて問題を解決してくれます。

注意点となるのは興信所や探偵のようにお金がかかってしまうことです。
実際に弁護士に依頼することにメリットがあるかどうかは、よく考えないといけません。
まずは、弁護士の無料相談などを利用して、自分が置かれている状況や、今後考えなければいけない点などを相談してみるのが良いでしょう。
また弁護士のなかでも、離婚問題に特化した弁護士を選ぶようにしましょう。

離婚経験者

離婚経験者の方に相談をすれば、具体的でリアルな話を聞けるのが大きいです。
離婚はなぜ大変で苦しいか身をもって経験している存在であるため、どう乗り越えていくかも教えてくれます。

離婚をするよりもどう次の人生を歩むかが大切であり、離婚経験者のリアルな話は自分の求めていた答えとなるかもしれません。もちろん、信頼のおける友人であるのが絶対条件であり、離婚経験者なら誰でもよいと考えるべきではありません。

まとめ

離婚の話し合いを行う場合の場所選びの基本、さらには第三者の同席の有無については事前に把握しておくのが望ましいです。また、離婚について事前に誰に相談をしておくべきかも考えておきましょう。

離婚をするよりもその後の生活をどう立て直すかが難しいからこそ、誰かの手助けが必要となるかもしれません。協議離婚を成立させるためには事前の準備が大切です。

このコラムの監修者

甲野裕大 弁護士(第二東京弁護士会所属)

弁護士法人法律事務所オーセンス

弁護士甲野 裕大(第二東京弁護士会所属)

中央大学法学部法律学科卒業、中央大学大学院法務研究科修了。離婚、交通事故、相続問題などの一般民事事件を中心に、幅広い分野に積極的に取り組む。

無料相談のご予約はこちら

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

電話での無料相談のご予約

TOP