法律事務所オーセンスの離婚コラム

浮気トラブルには弁護士は付けた方がいい?浮気相手が弁護士をつけたらどうする?

浮気トラブルには弁護士は付けた方がいい?浮気相手が弁護士をつけたらどうする?

浮気トラブルは、自分だけで解決するよりも弁護士を付けたほうがスムーズに対処できます。自分だけで解決しようとするとトラブルを招く可能性もあるため、十分に注意しましょう。
弁護士を付けることで、慰謝料の請求なども、スムーズに行うことができます。

今回は、浮気トラブルで弁護士を付けるにはどのような準備が必要なのか、また、浮気相手も弁護士を付けてきた場合はどのように対応すればよいのかについてご紹介いたします。

浮気をしているかわからない状況で弁護士に相談はするべき?

パートナーの浮気発覚時は弁護士を付けたほうがよい

妻や夫、パートナーが浮気をしているかもしれない、という状況で弁護士に相談するのは時期尚早ですが、どのような証拠が有効となるのか分からない場合は一度、弁護士に相談してみましょう。
浮気トラブルで弁護士を付けるなら、浮気をしているという証拠をある程度集めてから弁護士に依頼しましょう。

不貞行為と故意・過失の証拠を集めよう

浮気相手に浮気の慰謝料を請求する場合、ポイントとなるのは、下記の2つです。

  • ・不貞行為
  • ・故意・過失

不貞行為とは、配偶者がいる者が配偶者以外の者と肉体関係を持つことをいいます。不貞行為の慰謝料を請求するには、配偶者が浮気相手と肉体関係を結んでいる証拠を集める必要があります。

また、あなたの配偶者が既婚者であることを知りながら肉体関係を結んだ(故意)又は既婚者であることを知らかったことに過失があることが必要です。
証拠集めは、自分だけで行うとトラブルを招く可能性もあります。
中には探偵を雇って証拠を集める、という方もいます。証拠の収集方法に悩んだ場合は、早めに弁護士に相談してみましょう。

浮気相手を特定しよう

配偶者・パートナーが浮気をしていることが発覚したら、できるだけ浮気相手も特定したうえで弁護士に依頼しましょう。

浮気相手に慰謝料を請求したいのなら、相手の氏名や現住所の特定が必要になります。個人では調査が難しい場合でも、弁護士には下記の権利があります。

  • ・戸籍や住民票の職務上請求
  • ・弁護士会照会

弁護士に依頼し、これらを利用することで、浮気相手の氏名や現住所を特定することができる場合もあります。

浮気トラブルの解決には弁護士を付けたほうがよい

配偶者・パートナーの浮気が確実なものとなったら、その後自分はどうしたいのかを考えましょう。

  • ・配偶者・パートナーに反省させたい
  • ・離婚したい
  • ・慰謝料を請求したい

など、今後の夫婦関係も含めて考えてみてください。

どう対処したいのかが決定したら、弁護士を付けることをおすすめします。

では、浮気トラブルで弁護士を付けたほうがよい理由を2つほどご紹介いたします。

理由1. 弁護士に相談すれば裁判で役立つ証拠の集め方が分かる

浮気トラブルで慰謝料を請求するには証拠集めが大切だということは上記でもご説明いたしました。
しかし、裁判でどのような証拠が有効なのか、判断が難しい場合も少なくありません。

弁護士に相談すれば、裁判で有効とされる証拠の集め方を教えてもらうことが可能です。
既に浮気の証拠を握っているという方でも1度弁護士に相談し、裁判で証拠として有効なのかどうか確認してみてください。

理由2. 交渉を有利に進められる

一般的には、弁護士に浮気トラブルの解決を依頼することで、慰謝料の金額についてアドバイスをもらえる上、交渉の進め方についてもアドバイスをもらうことができます。

弁護士を付けずに慰謝料を請求すると、浮気相手から不当に値切られてしまう可能性もあります。

浮気相手が弁護士を付けてきたら速やかに対応する

浮気相手が弁護士を付けたときの対応

浮気相手に慰謝料を請求した場合、浮気相手が弁護士を付けてくる可能性もあります。

それでは、浮気相手が弁護士を付けてきた場合の対処法を見ていきましょう。

慰謝料の請求額が適正であることを説明する

浮気相手の弁護士が、こちらが請求した慰謝料を減額するように求めてくるというケースがあります。

このような場合は、請求した慰謝料が適正な金額であることを説明する必要があります。
浮気をした回数や浮気の悪質性、こちらが受けた精神的、金銭的なダメージ、さらに過去の事例などを提示して、交渉を進めていきましょう。

この場合も、弁護士をつけていたほうがスムーズに話し合いを進めることができます。

話し合いがスムーズに進めば弁護士が不要なケースも

浮気相手と自分の間で話し合いがスムーズに進めば、弁護士が必要ないケースもあります。

配偶者と浮気相手が浮気を認めて反省しており、慰謝料も支払う意思があるのなら、個人間で話を進めてもよいでしょう。
しかし、必ず書面などで浮気を認めたこと、慰謝料を支払うことについて、残しておく必要があります。
口約束ではまた浮気を繰り返したり、慰謝料の支払いを放棄されたりしてしまう可能性があります。

浮気トラブルで弁護士を付ける3つの重要性

浮気トラブルについて、確実に有利に進めたいのであれば、弁護士を付けることをおすすめします。
弁護士を付ける3つの重要性をご紹介いたします。

1. 法的な観点や過去の事例などから話し合いを進められる

当事者同士では、話し合いがスムーズにいかないときや、双方の主張が折り合わず、話し合いが膠着してしまうときがあります。しかし、弁護士を付けていれば法的な観点や過去の事例などから、浮気相手との話し合いを進め、問題を解決できる場合があります。

2. 裁判や離婚の手続きがスムーズ

浮気相手が慰謝料の請求を無視する、浮気相手と慰謝料の金額について折り合わない場合、裁判を起こすことになります。訴訟などの手続きを1人で行うのは非常に難しく、精神的、肉体的にもストレスが大きくなってしまいますが、弁護士に依頼していれば、裁判の手続きを進めてもらえるため、負担を軽減して問題解決に進むことができます。

また、浮気が原因で離婚を考えている場合、弁護士に配偶者との離婚についても依頼することで、弁護士が配偶者と離婚の話し合いや調停なども進めてくれます。

3. 精神的余裕を持って対応できる

浮気トラブルを個人で解決しようとなると、浮気相手と直接話さなければならず、言い争いになる可能性もあります。
そのため、浮気相手との交渉は、大きな精神的負担を負うことになります。

しかし、弁護士に依頼すると代理人として浮気相手との話し合いをすすめてもらえるため、浮気相手と直接話す必要はありません。

また、浮気トラブルによるストレスは、弁護士に相談するだけでも精神的に楽になる傾向があり、弁護士に依頼することで、精神的余裕をもって、浮気相手との交渉に対応することができます。

まとめ

浮気トラブルには弁護士を付けるべきか、浮気相手が弁護士を付けてきたらどうすべきかについてご紹介いたしました。

浮気トラブルを当事者同士で解決するのは、難しいケースが少なくありません。
1人で解決しようとすると、余計なトラブルを招く可能性もあります。浮気トラブルについて困ったことがあれば、お気軽に弁護士に相談してみてください。
浮気の証拠集めから離婚の相談まで、弁護士は心強い味方になってくれます。

このコラムの監修者

藤本奏恵 弁護士(第二東京弁護士会所属)

弁護士法人法律事務所オーセンス

弁護士藤本 奏恵(第二東京弁護士会所属)

早稲田大学法学部卒業(3年次卒業)、東京大学大学院法学政治学研究科修了。離婚、相続問題を中心に、一般民事事件や刑事事件など幅広く取り扱う。

無料相談のご予約はこちら

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

電話での無料相談のご予約

TOP