解決事例

妻からのモラハラ…このまま離婚したい。

  • ご相談者
  • 年齢:40代
  • 性別:男性
  • 職業:会社員
  • 婚姻期間:5年以上
離婚交渉プラン

ご相談までの経緯・背景

Aさんは、妻Bからのモラハラに心を痛めていました。毎日のように続く執拗な暴言の数々に心身ともに限界となり、ついにAさんは体調を崩し、退職を余儀なくされました。

これ以上、妻Bと一緒に生活をしていくことは精神的に耐えられないと考えたAさんは、妻Bとの別居を始めました。

その後、Aさんは妻Bとの離婚を考えるようになりましたが、自分ひとりでは心細く感じたため、ご相談にいらっしゃいました。

解決までの流れ

別居して10か月ほど過ぎた頃、Aさんは妻Bとの離婚を考えるようになりました。

Aさんは、自宅の土地と建物を妻Bと共有名義で購入していました。Aさんは、離婚しても自分が出て行くつもりはなかったため、なるべく優位に財産分与を進めたいと考えていました。

弁護士は、妻Bに対し離婚の意思があるかどうか確認したところ、妻Bは『条件次第では離婚もやむを得ない』と返答しました。

そこで、弁護士は財産分与を有利に進めるために、Aさんの自宅の査定を行い、財産分与の試算を行いました。

結果・解決ポイント

交渉の結果、財産分与については、Aさんが自宅を取得する代償金としてBに約2000万円を支払うことで合意となりました。
さらに、弁護士は合意内容を公正証書にまとめ、離婚後のトラブルを予防することにしました。

離婚や離婚による財産分与を優位に進めたいAさんの希望どおりに離婚が成立し、Aさんは新しい人生のスタートを切ることができました。

担当弁護士
authense
Authense法律事務所

CONTACT

法律相談ご予約のお客様