解決事例

離婚の不安、わずか2ヶ月でスピード解決。

  • ご相談者
  • 年齢:30代
  • 性別:女性
  • 職業:自営業
  • 婚姻期間:10年以上
  • 子ども:あり
離婚交渉プラン

ご相談までの経緯・背景

Aさんは、単身赴任中の夫Bが浮気をしていることを知りました。
Aさんは子どものことを考え、夫Bとは離婚せず、浮気相手Cに対し、夫との関係を清算させたうえで慰謝料請求することを希望しましたが、夫Bは離婚したいの一点張りでした。

解決までの流れ

Aさんは、離婚に向けて、慰謝料や財産分与、養育費について、しっかりと取り決めたいと思い、ご相談にいらっしゃいました。

Aさんの心配事は、離婚すると、現在住んでいる夫B名義の家を出ることになり、子どもたちも転校しなければならないことでした。

弁護士は、夫が単身赴任しているケースでは、財産分与として、奥様とお子様が現在暮らしている家に無償で居住することができるという内容の契約(使用貸借契約)を夫との間で結ぶという方法があることをアドバイスしました。

夫Bは、自ら不貞行為をしたにもかかわらず、一方的に離婚を求めてきていた経緯から、弁護士は強気で交渉に臨みました。また、Aさんは精神的に疲弊しきっていたことから、早期の解決が望ましいと判断し、迅速に対応しました。

結果・解決ポイント

交渉の結果、Aさんと夫Bは離婚すること、親権者をAさんとすること、BはAさんに対し、慰謝料として約500万円、財産分与として約600万円、子どもたちが成人するまでの養育費として月額約24万円を支払うという内容での合意となりました。

また、Aさんが心配していた居住についても、現在暮らしている家に無償で居住することができる内容の契約(使用貸借契約)を結ぶことができました。

そして、これらの内容を公正証書に定め、Bが仮に支払いを怠った場合には、すぐに強制執行がなされるようにしました。

担当弁護士
Authense法律事務所
弁護士 
(東京弁護士会)
創価大学法学部卒業、創価大学法科大学院法務研究科修了。離婚問題、遺産相続などの家事事件を中心に、個人からの依頼案件を数多く担当。これまで解決に携わった案件数は500件を超える。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

早朝相談受付中(6:30~10:00)