不倫・浮気の慰謝料を請求された

配偶者のいる相手と不倫・浮気をしてしまった。
不倫・浮気相手の配偶者(妻や夫)から慰謝料請求をされた場合、高額な慰謝料を請求される可能性があります。
慰謝料請求されたらどうすれば良いのか、慰謝料の減額手続きや交渉で慰謝料を減額させる方法、裁判で慰謝料が減額されるケース、交渉を弁護士に依頼するメリットなどについて、詳しく解説いたします。

  • 浮気・不倫の慰謝料の減額手続に向けた対応

    浮気・不倫の慰謝料を請求されたといって、相手に言われるがまま相手の要求する金銭をすぐ支払ったり、相手に差し出された示談書に何も考えずにサインをしたりすることは絶対にしないでください。

  • 交渉において慰謝料を減額させるためには

    相手から慰謝料が請求されている場面では、相手方が感情的になっていることが多く、当事者だけでの交渉では話が進まないため、弁護士が交渉するケースも少なくありません。

  • 慰謝料請求が届いたら

    慰謝料請求をされたら確認すべきこと

    不倫・浮気(不貞行為)は事実ですか?

  • 裁判で慰謝料が減額されるケースは

    様々な事情が考慮されているので、これといった明確な基準はありませんが、一般に、以下の要素があれば慰謝料が減額される可能性があります。

  • 弁護士に依頼するメリットは

    交渉のストレスから解放される
    感情的になりがちな相手方との交渉を弁護士に任せることで、精神的なストレスから開放され、日常生活への影響も最小限に留められ、交渉がスムーズに進む場合もあります。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

早朝相談受付中(6:30~10:00)