裁判で慰謝料が減額されるケースは

様々な事情が考慮されているので、これといった明確な基準はありませんが、一般に、以下の要素があれば慰謝料が減額される可能性があります。
まず、不貞行為の期間が短く、回数も少ないという事情です。裁判例によって、具体的な数値はまちまちですが、1年以上や10回以上の不貞行為は多いと判断され、慰謝料が増額されてしまう可能性があります。
また、慰謝料請求された者の年齢や社会的立場、資産が高いといった事情も、慰謝料が増額されてしまう可能性があります。
また、不貞行為が発覚後に、不貞相手との関係を継続せずに、強い反省の姿勢を示していることも、減額の要素になります。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様