不倫相手に慰謝料請求を。あなたのお悩みを弁護士が解決。不倫相手に慰謝料請求を。あなたのお悩みを弁護士が解決。

  • tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

慰謝料を請求したい!

ご相談多い事例5

  • 夫が会社の部下と浮気。浮気相手に慰謝料を請求したい。
  • 妻が同僚の既婚男性と不倫。不倫相手に慰謝料を請求したい。
  • 夫のDVから逃げるように別居。顔を合わせず慰謝料を請求したい。
  • 夫が不倫相手と半同棲。不倫相手に慰謝料を請求したい。
  • 妻が学生時代の同級生と浮気。浮気相手に慰謝料を請求したい。
  • 「親にも友人にも恥ずかしくて相談できない…」
  • 「誰に相談したらいいのかわからない…」

弁護士は、
あなたの怒り悔しさ悲しみ不安をしっかり受け止め、
法的手段をもって相手方に慰謝料請求します。

弁護士は、
あなたの怒り悔しさ悲しみ不安
しっかり受け止め、

法的手段をもって相手方に
慰謝料請求します。

Question.01不倫や浮気の慰謝料は請求できますか?

不倫や浮気は、不法行為です。法律は、配偶者(夫や妻)以外の異性と性的関係をもつことを禁じており、不倫や浮気などの不貞行為は違法性があるとして、慰謝料の請求を認めています。

たとえば、

  • 不倫・浮気などの不貞関係が長期間に及んでいる。
  • 不倫・浮気などの不貞行為、不貞関係が原因で夫婦が別居または夫婦関係の破綻に至った。
  • 不倫・浮気相手と配偶者(夫または妻)が同棲している。
  • 不倫・浮気相手などの不貞行為または不貞関係の事実を知ったことによる精神障害(うつ病など)を患った。

などは、慰謝料を請求することができるだけでなく、慰謝料がさらに高額になる場合が多いです。

Question.02不倫や浮気の慰謝料の相場はどのくらいですか?

慰謝料の金額は、実際の裁判例が参考にされています。そして、不倫や浮気などの不貞行為(有責行為)による慰謝料は、100万円~300万円であることが多いです。
しかしながら、原因や動機、経緯だけでなく、婚姻期間や子の有無、資産状況や社会的地位など、様々な事情を考慮して総合的に判断されるため、実際のところ、80万円の場合もあれば、600万円以上の場合もあります。


例)不倫・浮気などの慰謝料 100万円~300万円

Question.03不倫、浮気を証明するにはどんな証拠が必要ですか?

配偶者(夫や妻)が、不倫相手(浮気相手)とラブホテルに出入りする写真や動画は、慰謝料を請求する際に証拠として認められるものが多いです。撮影日時や滞在時間が明確であれば証拠としての価値はさらに高まります。
メール・SNSの履歴など、それだけでは証拠として弱いとされるものでも、弁護士は複数の証拠を組み合わせて、相手方の不倫や浮気を証明することができます。

慰謝料を請求する際に証拠アイテム

慰謝料請求の解決事例

  • 依頼者:Aさん(女性)
  • 30代 婚姻期間1年 専業主婦

精神的苦痛に対する慰謝料として500万円を請求


  • 獲得した慰謝料
  • 500万円

Aさんは、夫からのDVや暴言などのモラハラに耐えられず、逃げるように別居。
夫との離婚と精神的苦痛に対する慰謝料を請求したいと考えていますが、夫が怖くて離婚の意思さえ伝えられず、これからどのように離婚の話を進めていけばよいのか、ご相談にいらっしゃいました。
弁護士はAさんの代理人として、夫のDVやモラハラ、不貞行為(不倫・浮気)の証拠を提示し、離婚と慰謝料請求を行いました。

  • 依頼者:Aさん(男性)
  • 30代 婚姻期間2年 会社員

妻の浮気相手に慰謝料として200万円を請求


  • 獲得した慰謝料
  • 200万円 + プライベートでの接触禁止と違反した場合400万円の違約金
  • 獲得した慰謝料
  • 200万円+プライベートでの接触禁止
    違反した場合400万円の違約金

Aさんは、妻が職場の同僚と不倫をしていることを知りました。
離婚は考えていませんが、不倫相手に慰謝料を請求したいと考えています。
妻は不倫相手と別れたようですが、妻と不倫相手はこれからも同じ職場で働くため信用できないところもあり、どのようにしたらよいかご相談にいらっしゃいました。
弁護士は、Aさんの代理人として、妻の不倫相手に対し、慰謝料として200万円の請求を行いました。また、職場以外プライベートでの接触禁止と違反した場合には400万円の違約金の支払いを条件とし、示談が成立しました。

不倫相手への慰謝料請求プランのご紹介

不倫相手や元配偶者(元夫・元妻)に対する、慰謝料請求をおまかせいただけるプランです。

  • 法律相談
    0
    (初回60分まで)
  • 着手金
    25万円
    • 弁護士報酬
    • 25万円
    • 得られた経済的利益の10%

※交渉、訴訟を含めた金額です。
※別途実費(交通費、郵便代、印紙代など)が発生します。
※上記金額は全て税別金額となります。別途消費税が加算されます。

法律事務所オーセンスのポリシー

法律事務所オーセンスのポリシー

1
初回のご相談は無料です。

離婚問題・慰謝料請求についてのご相談が無料です。現状の整理や今後の手続きの流れ、相手方への対応方法についてなど、丁寧に分かりやすくお話しますので、無料相談を是非ご活用ください。

※正確な問題把握と的確なご提案ができるよう、お電話でのご相談は行っておりませんので、予めご了承ください。

2
離婚専任チームが対応します。

離婚問題・慰謝料請求について、豊富な経験と実績を有する弁護士らで構成する離婚専任チームを設けています。これまでに蓄積した専門的知見を活用し、迅速かつ的確に対応します。
「男性弁護士のほうが心強い」「女性弁護士のほうが話しやすい」「自分と年齢の近い方がいい」など、ご希望に応じて、男性・女性弁護士をお選びいただけますし、また、弁護士のご指名も承っておりますので、お電話いただいた際にご希望があればお申し付けください。また、一度ご相談いただいた後に別の弁護士にも相談したいという場合にも対応させていただきますので、遠慮なく申し付けください。

3
お忙しい方、お急ぎの方もご安心ください。

最短で当日のご相談が可能です。夜間や、土日のご相談もご都合、ご希望に添えるよう出来る限り対応しますので、日中お仕事されている方やお急ぎの方も是非ご相談ください。

4
守秘義務(弁護士法第23条)とプライバシーに配慮した完全個室

弁護士は、依頼者(顧問先や相談者を含みます)について職務上知ることができた秘密を守る義務があります。また、法律相談はプライバシーに配慮した完全個室を完備しておりますので、ご安心ください。

大切なことだから 話す相手は選んでほしい

オーセンス弁護士

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

  • 慰謝料を請求したい
  • 相手方と顔を合わせず、慰謝料を請求したい
  • 不貞相手(不倫・浮気)との関係を断ち切らせたい
  • 相手方の連絡先を知らない
  • 逆恨みされたり、嫌がらせされたりしないか心配 」etc.

法律事務所オーセンスは、これまでの豊富な経験・実績に基づいて、法的観点から冷静に分析し、論理的な主張をし、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

無料相談のご予約はこちら
  • お電話でのご相談
    フリーダイヤル0120-272-585
  • メールフォームからのご相談
    無料相談のご予約はこちら

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

こんな場合も請求できる可能性があります

TOP