離婚と子ども 親権・養育費について

子どもがいるので離婚を考えない方が良いのか、離婚後の子どもの親権、養育費の取り決めするにはどのような手段があるのか、
あるいは、配偶者が子どもを連れて出て行ってしまったなど、離婚の際に未成年の子どもがいる場合、監護権や親権、面会交流、
養育費など、決めておくべきことがたくさんあります。
また、離婚が成立する前にお子様が配偶者により連れ去られてしまった場合など、お子様を巡るトラブルでお悩みの方は、
お早めに弁護士にご相談ください。

  • お子様が配偶者により連れ去られたら

    夫婦が離婚する際に、未成年の子どもがいる場合、父親か母親のどちらが親権を持つかを決めることになります。このような場面では、離婚が成立する前に配偶者またはその親族に子どもを連れて出て行かれてしまうケースがよく見受けられます。

  • 監護権について

    監護権について
    離婚の際、子どもがいる場合は、「どちらが引き取るか」「親権はどちらが取るか」という話が出てくると思います。

  • 面会交流について

    面会交流について
    離婚後、親権者とならなかった片親が子どもに会いたいと思うことは大いにあると思います。この気持ちは自然なことで、権利として認められています。

  • 親権について

    親権とは
    親権とは、自分の子どもが成人するまで身の回りの世話をしたり、教育を受けさせたりし、その財産を適切に管理し、子どもの代理人として契約などの財産上の行為をする社会的な責務のことをいいます。

  • 養育費について

    子どもがいる状態で離婚を決断するとき、どうしても避けられないのが養育費の問題です。養育費は離婚後に子どもが生活していく上でなくてはならないものなので、子どもが経済的に自立するまで継続的に両親で負担しなければなりません。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様
弁護士へのご相談予約で、
初回相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます
些細なご相談もお気軽にお問い合わせください
弁護士へご相談可能な時間帯
平日6:30~20:00 / 土日祝10:00~18:00
弁護士へのご相談予約で、初回相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます

ご相談から解決までの流れ

弁護士との初回面談相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます